FC2ブログ

記事一覧

天文雑誌入選

天文ガイド・星ナビ12月号に入選させて頂きました。
いやー、ひさびさのニ誌入選です!

今月号は、Yahooブログのメンバーの活躍が目立ちましたね!
実は、一番、いいなぁーと思ったのは、ぴんたんさんのNGC253だったりします。色彩の豊富さに思わず魅入ってしまいました。
GENTAさんの鷹の爪は、最優秀候補作止まりでしたが、しかし、あの星雲をあそこまで描出した例は無い様に思います。んー、ちょっと残念でしたね~
yamatomoさんもくわがた星雲で、入選!遠天3バカトリオ(汗)で入選できて嬉しい限りです。
yamatomoさんの腕前なら、いつ入選してもおかしくなかったのですが、なかなか競合などもあり、タイミングが難しいですね。CDS600での見事な作品でした。
T-Fixさんの構図も、ホント、キラリと光ってましたし、sora-canさんの7741銀河の作品もとても良かった。
よっちゃんの作品などは、天体写真のレベルの底上げを託される程の素晴らしい作品でしたね。
あの星雲で、あそこまで豊富な色彩で仕上げた例は、他にないのではないでしょうか。
あとは、CANPの重鎮、Mitaさんの作品が入選されていたのも嬉しかったですね。
冷却CCDカメラの黎明期から活発に活動されていた方ですから・・
KY博士のデジタル一眼レフカメラの最高峰、EOS1DXの高ISO感度多数枚の洞窟星雲も、今後のひとつの方向性を指し示している気がします。
デジタルカメラの進歩もここまできたか・・という気がしました。
それにしても、レベルが高いですねー・・・ ( ̄  ̄;) うーん
そのうち置いてきぼりされそうです・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

天文ガイド入選作品 NGC772 オライオン30cm F4反射望遠鏡 パラコア2使用 

天文ガイドに入選させて頂いたNGC772です。
えーっと、Kobe1995さんが良く仰っていますが、本当に、画素数を活かせているのか!という観点からですが、ハッキリ言って、この作品は活かせてません (^^ゞ
なので、スミマセン、2×2ソフトビニングで縮小した画像でご覧くださいませ・・・ってか、これでも粗が見えるし・・・背景が汚いのヨ・・・。

撮影したい天体だったので、ぼうらやさんで遠征した時に撮影したのですが、途中から曇ったのだったか、露出がちょっと中途半端になってしまいました。
でも、高QEのカメラであることが幸いして、ざらざらなものの、写るべきところは写ってる・・。んじゃまあ、ぼかして炙りだしてみるかぁー
グレーテルさん直伝の技で!と、いいたいところですが、いやー、なにしろ出来の悪い弟子でして、すっかりとやり方を忘れてまして、、自己流アレンジVerでございまする。
でもね、こういうやり方、ST8XMEでは出来ないんですよ。画素数が足りなくって。
つまり、多画素のカメラだからこそ、できた作品なんです。プリントではさらに自然な雰囲気になっているのは、やっぱり600万画素という威力あってこそ、ですね。
ただ、600万画素という数字は利用はしていても、活かし切れてはいない・・・ま、おおくのデジタル一眼レフカメラもそうだと思いますよ。ほぼ、デジタル一眼レフがやってるであろう画像処理をマニュアルでやってみたって感じでしょうか?ぼかすところはぼかして、強調するところは強調する。
多少、不自然になっても、画素数のおかげでプリントでは自然に見える・・・と、いう感じです。
画素数もやっぱり、重要なファクターだなぁ、とは思いました。
天文ガイド落選作 NGC891 オライオン30cm F4反射望遠鏡 パラコア2

・・正直、これが落とされるとは思ってもいませんでした。
きたさんには落ちたら、泣いてもいい?と言っていたので、とりあえず泣きます (ノД`)・゜・。 
ただ、きたさんにはガイド流れてんジャン!と指摘されていました。うーん、さすがベテランですね。
良く見てるナー・・
超自信作だったので、これ単品で送ろうかとも思ったのですが、NGC772も仕上げてあったので、ま、こっちもついでに送ろうカナーって感じで、送ったのが幸いしたみたいです。
ちなみに、NGC891はプラチナペーパー使ってますが、NGC772はゴールドで、おまけ感をアピール(笑)
と、いうのは嘘でして、先に書いた様に、画素数も階調も活かしきれてないNGC772にはゴールドペーパで充分なのでした・・・まさかNGC772の方が採用されるとは、思ってませんでしたが、
一応、戦略的には、(比較的)メジャーな銀河と、マイナーな銀河で、差別化を図って送ったのでした。
NGC891はコンフリクトする可能性は高くても、NGC772は競合はまず無いし、してきても、この表現なら差別化が計れるでしょ・・?
まあ、NGC772はでっちあげ感は否めないとしても、自信作ではあったのかな、と、今、書いていて思います。

星ナビ入選作 木星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 DMK/DFK21AF04 CCDビデオカメラ
30FPSにて撮影。

木星です。薄明が相当進行した中で撮影しましたが、コントラスト不足・・・は恐らく薄明ではなく、処理の問題かなぁー・・
ただ、カラーCCDビデオカメラのDFKカメラで撮影した時は背景はすでに青くなっていたのは確かです。
この作品、本当は、天文ガイドに送って、観測の部とデジタルの部で・・・なんてなことも考えないではなかったのですが、いやー、星ナビで正解だったみたいですねぇー
やっぱり、ベテランがちゃんとした機材で撮影されるととても敵わないなぁーと感じました。
慢心は禁物だぞ、バイエルライン。
って感じですね。星ナビに送って良かったです。
金星も凄いですね。カメレオンかぁー。お値段もそこそこするのかもしれませんが、いい性能のカメラですね。
ICX445,QEも618程ではないにしても高いなぁー・・・僅かなQE差は12bitのA/Dで充分補えるし・・
いやはや、進化してきているのはデジカメだけじゃないかも。CMOSカメラもそろそろ台頭してきてもおかしくないし、惑星カメラもまだまだ進化の余地を残しているようですね。

http://kura3.photozou.jp/pub/755/2183755/photo/159302377_org.v1352204909.jpg星ナビ落選作 M33 MT160 反射望遠鏡 Teleskop コマコレクター ST10XME 冷却CCDカメラ

星ナビ本命でした (≧◇≦;)
うー・・・16cmとしては良く写っていると思います。
よっちゃんが指導してくれた、ふんわり仕上げでいくか、自分らしい回折限界まで描出した画像で出すか、悩んだのですが、、、
ふわっと仕上げが正解だったかなぁー。でも、HⅡ領域の構造描写は差が大きかったのと、ふんわり仕上げはPro9500でのプリントだとちょっと合わないのか、、いや、違いますね、自分にPro9500を使いこなす力が無いだけですが・・・上手くプリントできなかったんですね。
結果、自分らしい強調した画像で出して、見事に落選・・・orz

もっとも、戦略的に、今回は、星ナビ重視で(結構、連続落選喰らってたので)、M33がダメでも(競合した時に勝てる自信が無かったからね・・)木星で!と考えて応募したので、い、一応、

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄  
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用 
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |  
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′         ノ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //          
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _    
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

と、いえるのですが・・・
ちょっと思惑が外れた結果になったのでした・・・。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ヨネヤンさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。

シーイングと、あと大赤斑が出てきてくれたおかげもあって、なんとか入選させていただきました。
大口径だと早いシャッタースピードが切れることもあって、助かりますね。
ODYSSEY1型、赤道儀にのっけたら案外、写真は写るかも・・?
でも、オライオンはF4とはいえども、やっぱり面精度は高いのでしょうか?
ピントがシビアなのが難しいところですが、惑星も良く撮れてくれるので、自分でもビックリしています。
いやー、惑星撮影はヨネヤンさんを初め熱心に撮影されている方にはやっぱり敵わないなぁーと思っています。
少し気流が悪くなっただけで、ピントが掴めずボロボロですので、、(´・ω・`)

No title

アイちゃん、こんにちは~
どうもありがとうございますm(_ _)m
オライオンもMT160も、歌って踊れる望遠鏡って感じで、惑星から星雲まで何にでも向くみたいです。ただし、どれもそこそこレベル・・なにかもしれませんが~ (汗)
でも、何でも撮りたい自分には向いている気がします。

今回は、ほんと、ブログのみなさんが多数入選していて、嬉しくなっちゃいました!
ほんと、みんな頑張ってますね!!

No title

hanaさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~

いやー、流石ですね!
しっかりと見ぬかれてます!!
M33,星が黄色は、SBIGフィルターをボクが使った時の悪~いクセなんですよねぇ。
赤いニジミはMPCC(今回はTeleskopだけど)で発生するみたいで、こちらもまたコマったものです。

891は結構頑張ったつもりでいたのですが、残念でした・・(´・ω・`)
カスタムフィルターの限界で、若干流れていたのがバレちゃいます・・。

No title

シュミットさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
惑星も面白いな~と思って、ミュートン師匠に教わっているうちに、いつの間にか、惑星でも入選できるようになってました (^^ゞ
万能機のニュートン反射のおかげもあって、望遠鏡に特別な投資もなく惑星を楽しめたのが良かったです。
NGC891は個人的には満足しちゃったのですが、M33は来年はオライオンでモザイクかな~。また頑張ります!!

復調したら、また頑張りましょ~!
でも、無理は禁物ですよ!!

No title

ろざりおさん、こんにちは。
本も見ていただいた様で、どうもありがとうございます。

お天気は、8月末は、こちらは晴れたんですよ。夜半からの撮影にはなったと思いましたが、案外、撮影できました。
でも、今月が、割りと晴れ間をスルーしちゃったので、作品が出来るかどうか、、、┐(´∀`)┌ヤレヤレ

No title

ななこさん、こんにちは。
本まで見ていただいて、どうもありがとうございます~
大きく掲載されていて、ボクも嬉しかったです!

そうなんですよ、他のYahooブロガーさんも沢山入選していて、今月号は嬉しくなっちゃいました。

No title

小ちゃん、こんにちは。
Yahooブログは、他所のブログと比べると、つながりがあるからか、星屋さん同士の情報交換がしやすくって、結構、Yahooブロガーが多いみたいです。
コンテストの方は、一般の写真に比べると、だいぶ競争率は低いとは思うのですが、全体的なレベルが上がってきているので、なかなか難しくなってマス・・

No title

8cmユーザーさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~
この8月はほとんど晴れなかった事もあって、半月頃の下旬の晴れ間に、固め打ち!でした (^^ゞ
先月は割とサボってしまったので、今月は送れるモノが無いかも・・Σ(゚д゚lll)ガーン

No title

Nikon1957さん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!
比較的マイナーでも面白い領域を見事に切り取っていらっしゃって感心しました。
シグマの150mmも性能が高くて良さそうですね!

確かに昔と違ってデジタル処理の威力が大きくなりましたね~
処理もボタン一発で出来る様なソフトエウアができてくると楽でいいのですが・・

お互い、また来年も頑張りましょう!・・ってちょっと早くて妙な感じですね (^^;

No title

Qooさん、こんにちは~
どうもありがとうございます m(_ _)m
一応、メインは、銀河と彗星なんですけど、結局、なんでも撮りたいんですよね(笑)
欲張りかしら・・・
分子雲も、最近やってみたくて仕方ないんですけど、作品度外視で、ちょっとやってみようかなぁー
でも、フラットとか大変そう・・。レベルアップに繋がるとは思うので、NFD328+ST8300Mでやってみようかな、、なんて思っています (^^ゞ

No title

ゆたさん、こんにちは~
どうもありがとうございます!

落選は残念でしたが、どちらかが入ってくれたので、とりあえず良かったです (^^;
自信作が全滅だとちょっと悲しいですが(ちなみに、良くあります ^^;)

反射望遠鏡、いいですよー。
F2.8筒は買われたのかしら・・? (; ̄ー ̄川 アセアセ

No title

ひろしさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~
NGC891は、結構、気を使って処理もやり直したので、結構、良くなりました。
実は3回程やり直していて、ドラフト段階だと、ちょっと星が硬調すぎてたので、修正したんですよね(ガイドエラーも極力・・)
いやー、これが来月に回されてくれると嬉しいんですが(送付した作品は自信がイマイチ)、無理でしょうかね~

No title

g-logさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
色合い、結構、フィルターで左右されますね。調整はステライメージの自動レベル調整でやってるのですが、SBIGだとこういう青と黄色が明瞭に出るみたいです。
淡い銀河向けなんですが、M33とかだとクドくなっちゃう・・処理方法替えれば治るのかしらん、、
IDASさんのフィルターの方が色合い的には好みで、Astrodonのフィルターも、ニュアンスとしてはIDASに近くてかなり好き。

g-logさんのM33も落選なんですか!!!Σ(゚Д゚)
マジでびっくり!
あの作品が落選だったら、自分のが、全く相手にされなかったのも納得ですよ。

お互い、また頑張りましょう!

No title

jiikoさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
Yahooブロガーの仲間が沢山入選で良かったです。
jiikoさんもぜひ、頑張りましょう!
ちなみに、yamatomoさんがCDS-600で入選されていますよ。
ポテンシャルは高い機材ですので、あとは、使いこなすのみ!ですね!!
お互い、頑張りましょう~!

No title

ダブル入選おめでとうございます。入選しなかった作品も今月はいつにもまして凄い画像がそろってますね。とくにM33はこういう仕上げ方もあるんだ、どうやっているんだろうと考えてしまいました。またNGC891は、色合い、内部構造といい見ごたえたっぷりです。

No title

いーぐるさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
晴れ間が続いてくれたことと、新カメラの威力で、素晴らしい作品になりました。
M33は、自信があったのですが、g-logさんの作品が落選なら、こりゃ、仕方ないですね。
来年はオライオンでリベンジ!といきたいところですが・・・
NGC891も自分の中ではガイドエラーはあるもののこれ以上のものは出来ないんじゃないかなーって思ってしまうくらいで、来年はさすがに撮影しないかもです・・
ただ、この時期、ニワトリできる銀河となると限られちゃうので・・やっぱり撮影するかも。

No title

ダブル入選おめでとうございます!
どの作品も素晴らしいのに、採用されない基準は何なんでしょうね。
NGC891は流れてますか?
私の腐った眼では分かりませんでした(^_^;)

No title

ダイナさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。

なかなかタイミングや競合、入選枠などもあるので、選者も難しいところなんでしょうが・・・g-logさんのM33が落選となると、なかなか難しいですね。

いやー、ガイドミスは極力、誤魔化してますから~ (^^ゞ
よーく見られてしまうと、星が横に伸びているところもあるのがバレちゃう・・(特に星雲の中にいるヤツ)
他はマスクかけて誤魔化し入りました~ (; ̄ー ̄川 アセアセ

No title

わー、この作品UTOさんだったのですね!おめでとうございます!
書店で立ち読みして、すごいなー、よく撮れてるよなぁと見ていましたが…
まさかネットでそんな方と縁ができるとは思ってもみませんでした(笑)
小生には技術的な感想は無理ですが、
宇宙の壮大さと言うか、奥行きを感じる作品ですね。
天文を趣味にして良かったと思えます。

No title

ウラカンさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~

いやー、それが、Yahooブログの面々はみなさん、凄いですよ。

そうそう!宇宙の奥行きをボクも出したいと思っているので、そう仰っていただけるとすごく嬉しいです!
HSTやすばる望遠鏡ちっく(笑)な写真が撮りたいなぁ~ (^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ