FC2ブログ

記事一覧

続・ぼうらや強行!!

さて、続きで~す。

水曜日は定時日。
仕事を終えて、車の助手席を覗いてみる。
バッテリーを積んでいかなかったんだから、そこのスペースにカメラバッグは入れてあるさっ。
いくらなんでも、置き忘れてくるなんて、そこまで間抜けじゃあないよ!
ちゃんと、忘れ物ないか確認していたワケだしね!と、自分を信じる!!

・・・
・・・
・・・自分に裏切られましたッ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
そこまでお間抜けでしたッ 
やー、やっぱり、自分を信用しちゃあいけませんね~ orz
意気消沈して帰宅。
うーん、そうすると、昼間のうちにぼうらやさんに電話入れておくんだった・・
と後悔。
忘れてきた場所は駐車場のど真ん中!
人に拾われていなくても、そのまま車に轢き潰されていてもおかしくありません。

本当は連戦するつもりではなかったのですが(ふたご群も狙うので1日あけて木曜日にと思っていました)、食事後に、意気消沈しながら、ぼうらやさんに向けて出発しました。
とりあえず、行ってもブツは無いだろうな~ ( ´Д`)=3
でも、ひょっとしたらぼうらやさんの方が拾って保管してくれているかも。
木曜日は定休日ですので、金曜日に電話入れて聞いてみようか・・・
とか考えながら、ぼうらやさんに向かいました。

ぼうら屋さんの駐車場に到着してみると ゲッ!Σ(・ω・;|||
な、なんと、駐車場のド真ん中に、そのままカメラバッグが置いたままになってたよ!!
とりあえず、無事、回収できたワケですけど・・・
誰も見向きもしなかったと思うとちょっとフクザツ・・・ 
まあ、EOS40Dも、もう旧いデジカメだもんね、、

なにはともあれ、良かった、良かった。
さてさて、せっかく来たので、撮影に入ることにします。
望遠鏡一式は、車載したままでしたので、オライオン30cmとST10XMEで撮影に入ります。
さすがに昨日の今日ですので、セッティングは問題なし。
順調そのものです。
カメラがめっかったことで気分も軽くなっているのもあるのでしょうね~
http://kura1.photozou.jp/pub/755/2183755/photo/163633907_org.v1355741820.jpg
昇るしし座 Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mm F3.5開放 30秒露出@ISO1600

電気毛布もセットして、少し早いですが、22時半頃に、まず一寝入り。
目覚まし時計は0時半にセット。
昨晩よりも、シーイングが良いからか、ST10XMEに少し慣れたからか、ピントも今回はバッチリです。
そう!なんとこの日は透明度も良く、シーイングも良いという絶好のオライオン日和でした!!
翌日はGENTAさんのお話では透明度×でしたから、この日に撮影して正解でした。

0時半に目覚まし時計で起こされて、被写体を切り替え。
ST10XMEでは下調べをしないと、作品を作るのは難しいわけですが、この日は調べてくる余裕がありませんでしたので、昨晩と同じ被写体を狙ったのですが(何を撮ったのかは、後日のお楽しみに・・^^;)、これが実は大正解でした。
前日の撮影データは、寝過ごしてしまったことも敗因でしたが、ほとんどガイドエラーで特に後半は使い物になりそうもなかったのです。
この日に追加撮影したRGB画像がなければ、カラーにできませんでした。

ふたご群も、2,3個見たので、満足。
あとは朝、C/2012K5彗星だけは撮影したいので、5時に目覚ましをセット。
また寝ま~す。
沈むオリオン座と冬の第三角形と木星
Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mm F3.5開放 30秒露出@ISO1600

ところで、ぼうらやさんは、見晴らしが良く、星座撮影にも向いています(本当は光害がもっと無ければ良いのですが・・・)
ご覧の様に、東西南北いくつか星座も撮影して楽しみました。
東の空はまずまず良好で、西空は浜松市(浜北区)の光害が厳しいです。
南も以前の記事でご紹介してありますように、カノープスが見えるくらい開けているのですが、しかし、磐田市と南西の浜松市の光害で天頂近くまで、明るく感じます。

ふたご群は、今回は狙いませんでしたが・・・
バッテリーをしっかりと充電してあれば今晩は狙いたかったところです(まあ、、なにしろカメラバッグが・・笑)

さて、朝、彗星も導入したのですが、ガイド星が良いのが無く、残念ながらモノクロのみ。でも、まだ未処理ですが、なかなかオライオンで丁度良いくらいの被写体でした。

カシオペア座と秋の天の川 Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mm F3.5開放 30秒露出@ISO1600
ぼうらやさんからでも北天は暗く、ここではデジタル一眼レフカメラでも、GENTAさんが何度か秋の北天の天体を狙って、天文ガイドに入選させています。

夜明け前に起きて、6時。フラットを撮影して、撤収作業に入ります。
昨日よりも手際よく片付けたつもり・・・でしたが、結局、ぼうらやさんを後にした時刻は昨日とほとんど同じ、6時33分でした。
さすがに、今回はカメラバッグは助手席に置いて、撤収!!

いやー、バタバタしてしまいましたが、無事カメラも見つかったし、撮像もできたし。
強行したかいがありました (^◇^)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

災い転じて福と成すってな感じでしょうか。
バッグも無事戻ってきたのですし条件の良い空でラッキーでしたね!
カメラバッグのお導きなのでしょう(笑)

と言うことは翌日のふたご座流星群ピークも合わせて3連チャンですか!?

No title

UTOさんこんばんは
仕事/私用多忙で久しぶりにブログめぐりです。

カメラあって良かったですね。ラッキーですよ。
実にラッキーです。
見つけた人はいなかったのでしょうか?
まだまだ日本人の道徳心もすてたものではありませんね。

UTOさん、ニワトリできなくなってしまって遠征ですか?
しかい連チャンとはすごい根性ですね。

No title

こんばんは~

とってもウットリします~♪
天体ステキですね。

ナイス!ラムぽち。

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。
いやー、もうホント、割りと落ち込んでましたが、冷却CCDカメラだったら、もっと心配していたかも???ま、取られる心配は俄然無いわけですケド・・(汗)
こうしてみると、やっぱり僕にとっては、メインの機材じゃないんだなぁー、と改めて感じましたよ。

EOS40D、いいカメラなのですが、やっぱり画質面ではEOS60D等に比べると・・
特に高感度が弱めですね。今となっては。それでも、E-620に比べるとかなり良いですが・・・
EOS60Dは質感が40Dより劣っていたので、ちょっと食指が動きませんでした・・。
でも、画質は良いんですよね。赤い星雲も未改造でも結構写るし・・(゚-゚;)ウーン

No title

けいけいさん、こんにちは。
いやー、ほんと見つかった良かったです。
気がついたのが何しろ、会社に到着してからだったので、今さら引き返すワケにもいかず・・もうちょい早めに気がついていたら、AM休みにして確認に戻ったと思います。
ホント、忘れ物がないかどうか、最後しっかりと確認しないといけませんね~
でも、平日だと時間を気にしないといけないので、焦る!!
ほんと、帰るまでが遠征です!おやつは300円まで?バナナはおやつに含まれない!!
大事ですね~

No title

メーテルさん、こんにちは~
いやー、ホント、バッグだけだったら、どうしよう?と思って、慌てて拾いあげたのですが、ちゃんとずしり?と重たくて安心しました。
ホント、しっかりと確認して帰らないといけませんね。

No title

adonoanさん、こんにちは。
忘れ物ありましたか~!
しかも、無くなっていて残念ですね。
ブーツも持っていく人もいるんですねぇ・・
カメラだと、星景写真撮影中に持っていかれた人もいるくらいですが・・今回は、カメラバッグに入れっぱなしになっていたのが幸いしたかもです。

No title

ダイナさん、こんにちは。
割りと、土日は日曜日でも混雑しているのですが、平日だとあまり人が来ないのかも???
いずれにしても無事で良かったです。
車をUターン・・実は、それやって帰ったんですよ。
幸い、車の最小回転半径の内側にカメラバッグがあったので良かったのですが、自爆した可能性も・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
いやはや、自分で踏みつぶしていた日には本気で泣き入りそうです・・・。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
いやー、ホント、カメラバッグあってよかったです。

しし座、11月だと夜半過ぎないと見えませんが、12月になるとさらに2時間早く昇ってきてますよ。一応、夜半前には結構見える位置になってたりします (汗)
季節の移り変わりは早いですね。

No title

こんばんは、こんな事を書いてイイのか解りませんが、
なにやら、おめでたいことがあるようで嬉しいです。
最近「彼女」がたびたび登場するので、驚きはしませんでしたが、
「忘れ物」が見つかったことより喜んでいますよ。
なにより彼女も、この趣味に理解がありそうなのが楽しみなところです。
おめでとう御座います。

No title

たか坊さん、こんにちは。
むむ、なかなか上手い!
アイピースcapは、個人的には割りと速攻で無くす(使った後、はめることがまずない)タチなので・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ
ファインダーもcapしないので汚れ放題だったりします。(゚-゚;)ウーン
さすがにメイン鏡筒は手入れは割りとしますが・・ちょっともう少し丁寧に扱わないといかんですね・・反省

忘れ物、なるほど、サンダルですか~
判る気もします。天文屋さんがサンダルはないでしょうが・・
靴に履き替えてそのままって感じなんでしょうね~

ブログのおかげで、こういう写真(星空スナップ)も良く撮る様になりました。
ピントとか本格的に撮影するにはまだまだですが・・・

No title

ひろしさん、こんにちは。
多分、夏場でも平日なら大丈夫そうな気もしますが(汗)、何はともあれ、無事で良かった&二度とこういうことが無い様にしないとな~と深く反省です。

自分も、気がつけば取りに戻るのですが、出社した上で、しかも、多分、そこまで間抜けじゃないよねーと一抹の不安は感じつつも、割りと安心してたんですが・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
多分、出社前に無いのを確認していたら、休みましたねー、僕も。

No title

モカのパパさん、こんにちは。
いやー、ホント、そのとおりで、見つけた時に、そのままあるよッ (・ω・ノ)ノヒョエ~
って感じでした。

ぼうらやさん、うーん、空は正直、ビミョーなところはあるのですが、曇り易い北遠に比べるとお天気が安定・冬場は標高が低い分、気温も下がらず、近場で楽に行けるなどなど、種々のメリットがあり、ホームグラウンドになっています。
少し前まえでは獅子ヶ鼻公園でも良かったのですが、すっかりと明るくなってしまって・・。山一つの差が結構大きいです。

No title

しけるさん、こんにちは。
ほんと、回収できてよかったです。EOS40D、まだまだ愛用していくつもりです。
そのうち、60Dが中古で安価になれば・・・(゚A゚;)ゴクリ

いやー、万が一無かった場合に、何もしないまま帰るのも癪ですしねぇ・・(汗)
撮影機材一式積んでいきました。まだ処理してないや・・

No title

kobe1995さん、こんにちは。
ほんと、車の周り一周、大事ですねー。
これを怠ったばっかりに、危うかったです。
そうそう、車の上も案外ヤバイですよね。結構、気が付きにくいですものね。
僕も気をつけなければ・・。

No title

こうさん、こんにちは~
ホント、たまたまだったのですが、良い条件での撮影が出来てよかったです。
画像はまだ未処理ですが、マイナー銀河を狙ったのが勿体無かったかも・・です。

ふたご座流星群はちょっと悩んだのですが、3連チャンはさすがに自重しました。
でも、不可能ではなかったかも・・
もうちょっち機材をブラッシュアップして連戦に耐えられる様に考えたいところです。
パラコア2でST10XMEだとなかなかガイドが止まらず、せっかく出かけたのに・・という自体になりかねない感じ・・(゚-゚;)ウーン

No title

タキさん、こんにちは。
いろいろとお忙しそうですね~
こちらも、タキさん程ではないかもですが、忙しい・・
お互い、頑張りましょう!!

カメラはホント、ラッキーでした。
仰る様に、道徳心が高いのでしょうね!
ホントにあって良かった。
その一方で、一眼レフタイプのカメラは一般の人には見向きもされないのかも?
スマホで十分ですから、わざわざ重たいカメラとレンズは要らないと考える人も多そうですよね・・・と、ちょっとフクザツな気分になってみたり (^^ゞ

いやー、自宅からだと限られてしまうので、ここ4、5年くらいで遠征シフトしてきました。それまではほぼ、自宅撮影でしたが・・
忙しい時程、ミョーにテンション上がって撮影も頑張ってみたりするんですよね・・2年程前かな?2010年だと思いましたが、年度末の3月に(超忙しい)3連チャンで、VISAC駆り出して、M51を3晩撮影してたり・・よくやったなーと思ったりしています。

No title

民さん、こんばんわ~
星空も綺麗でしょう!
ポチ、ありがとうございます!

No title

farm.Iさん、こんばんわ~
どうもありがとうございます。
うーん、星の趣味に理解があるか・・は多分☓なんですが、でも、別の趣味を持っているので、そういう意味では、お互いの時間を作ることも出来そうですね。
今後、どうなるかは、それこそ、乞うご期待!ということで・・(^_^;)

No title

カメラをバッグごと忘れるとは大胆ですね~♪
でもそのままそこにあるとは静岡の人ってみんな人が良いんですね。
無事に戻って何よりです。
しかも透明度の良い空でばっちり撮影出来てその上C/2012K5でしめくくりが出来るとは素晴らしい連チャンでしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ