FC2ブログ

記事一覧

観測納め ユネスコ星空教室

昨日はユネスコ科学教室の天体観測会のお手伝いに行って来ました。
昨年度は今年の1月の終わりに企画されていたのですが、インフルエンザの流行で、お流れ!
そこで、今年は少し期間を早くしての実施になった様です。

もっとも、こちらは平日ですが・・・ギリギリですが、なんとか定時でそのまま向かえば間に合いそうです。
17時前に会社を出て、そのまま、かわな野外センターに向かいました。
距離的にはさほど遠くないかな、、と思ったのですが、帰宅時の渋滞に少々巻き込まれたりして、到着したのは18時くらいになりました。

日がすっかりと暮れてしまうと、細い山道を走っていると少し不安になりますねー。
慣れている場所ならなんてことはないのですが、、、
かわな野外センターに向かうには、細い車1台がやっとの山道の場所があって、ここが大変難儀します。
幸い対向車は1台だけでしたが・・。左はゆるやかで段差も小さい(1~3mくらいか?)とはいえ、崖になっているし、右側は切り立った崖でなかなか難儀な場所が、1.5km程続くんですよ・・((((;゚Д゚))))
そこさえ抜けてしまえば・・・と、思ったら、かわな野外センターの広場に抜ける道がかなり荒れていて、少し参りました・・orz

さて、到着してみると、凄い望遠鏡と双眼鏡がズラリ!
浜松星空公団のやぎちゃん達が来られて望遠鏡を展開していたみたいです。
僕の方は、MT160反射望遠鏡を持ってきたのですが、うーん、これだったら、オライオンの方が良かったかも?
でも、仕事があったしな~
積み込みはともかく、セッティングまで考えると、チョット無理・・

準備をしていると、食事如何ですか、ということで、食事を頂いて初めて知ったのですが、今回は、冬休み中の実施だからか、なんと、170人もの参加者がいるとのこと!
大盛況! スマホ Glaxy Sのカメラにて 

いやー、凄い人です。ユネスコの星空教室のお手伝いを初めてから、今年で多分、ちょうど10年になるのですが、これほど人がいるのは初めてです!
もっとも、10年間ずっと手伝いができたわけではなくって、今回で5、6回めくらいかな・・

食事をしながら、やぎちゃんと、どの星を見るのか、相談して、とりあえず、M42はかわなの天文台の40cmに任せて、月とすばる、アンドロメダ・・・とのことでしたので、じゃあ、自分の方は二重星団を入れますよ!と伝。

ただ、二重星団、月が大きくて案外入れにくかったですね~ (゚-゚;)ウーン
でも、無事導入できたので、ほっとしたところで、子どもたちも食事を終えて出てきました。
望遠鏡ズラリ! Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ Nikkor28mmF2開放 1秒露出@ISO3200

そうそう、今回は、ちゃんとデジカメ、持ってきましたYo!
また、前回の星を見る集いの反省?から、MFのレンズを持ってきて、距離目盛を信用してシャッターを切ることにしました。AFレンズだとピントが出しにくかったのを反省して、さらに、F値が明る目のレンズにすることで、露出1秒でも割りとちゃんとした?写真が撮れる様にデジカメをチョイスしてきました。
今にして思うと、オリンパスのE-620の方が良かったかなぁーとも思いますが、でも28mmレンズで2倍相当はちょっと画角キツイなー・・・

そうそう、望遠鏡の方ですが、フジノンの15cmの双眼鏡が2台(多分、うち1台がED・・あれ?ひょっとして2台とも?)、シュミットカセ、大口径屈折(どこのメーカか見忘れた・・)、Vixenの10cmED屈折(シャープに月が見れました)と、バラエティに富んでいます。
170人のみなさんを4グループに分けて、それぞれ説明と観望を行なっていくスタンスで行われました。

観望会の様子 Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ Nikkor28mmF2開放 1秒露出@ISO3200

この様な感じで、みなさん、星空を楽しんでくれています。奥の方では星座の説明もしていたのかなー?

観望会の様子 Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ Nikkor28mmF2開放 1秒露出@ISO3200

僕のMT160の方も子どもたちがきちんと列を作って、順番に覗いていってくれています。
最初、月がそばにありすぎて、ぱっとしないかな、と思ったのですが、目が慣れてくれば案外、二重星団も良く見えました。
沢山の星々が見えて、綺麗~と言ってくれる子も何人かいました。

何も説明しないと、ぱっと見て終わりにしちゃう子もいたので、後の方からは、
まず覗かせて、
・細かい星が沢山見える?
と聞いて、見えているかどうかを確認して、
・上と下の方で星が分布しているのが見える?
と、これはどちらかというと自分の方が二重星団が視野に入っているかどうかの確認。
極軸はかなりきちんと合わせたのですが、やはりぶつかったりしてずれたりしますからね。
実わ、子午線超えて、三脚に知らないうちにぶつかっていて、ハズれてたことが1回・・orz 

文字ばかりになったので、もう1枚・・(汗)

・片方の星団、下側に見える方が密集しているよね?
これは、注視させることでより良く見てもらおうという意図です。
まあ、その分、回せない面があるのですが、こう言うとしっかりと見てくれたみたい。
ネックレスみたいに星が集まってる!と言ってくれた人もいました。
・オレンジ色の星がいくつかあるので、見えるかチャレンジ!
二重星団の中にはいくつかオレンジ色の星がありますので、それを探してもらいました。
見つけられたのは2割くらいの子かなぁ・・。自分でもいくつかあるな、とは思いましたが、月灯りもあったので、なかなかこれは難しいみたい。
でも、そういうと、視野をしっかりと見ていて、二重星団を楽しんでいただけたと思います。
ふっふっふ、観望会も少しは慣れてきたかなーと、ちょっと自画自賛(笑)

さすがに4グループも見せていると結構な時間がかかって大変でしたが(それでも、2時間弱くらいか・・)、喜んでくれた方も多かった様で、参加して良かったです。
今回はなにしろ人数が多く、先生方も大変なようでしたが、知っている先生方とも、少しお話できて良かったです。
翌日、仕事もありましたので、コーヒーを頂いて、21時くらいには早々に失礼させて頂きました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

この寒い中を170人も人が来るなんて凄い観望会ですね~
ちょっとビックリです。
大変だったとは思いますが、子供たちに喜んでもらえて良かったですね。
これでみんな星が好きになったことでしょう!!!

No title

170人もの参加者だとこの機材のラインナップでも足りないくらいですね。本当に寒い中ご苦労様です。
こういう会に参加した子供たちが、何れ私達の様な天文愛好家になるのでしょうね。小5の時に望遠鏡で初めて見た土星を今で覚えています。

No title

子どもたちが興味関心を持って参加している様子がよくわかります。保護者の方々も趣旨に賛同してくれるから、子どもたちも来れているんですね。すごい人数です。
会場の確保やら宣伝など、けっして簡単にできる催し物ではないと思いますが、いい活動を重ねられていると思います。

No title

170人の子供たちの観望会のお手伝いお疲れ様でした!170人もいればこの中から星好きになって趣味の道やプロの道に進む子もいるかもしれませんね~。私はフジノンの15センチをのぞいてみたいです(^^;

No title

adonoanさん、こんにちは。
ホント、ものすごい人数で驚きました。
普段は1/3以下程度だと思いますが・・・
やはり冬休み、というのが大きいのでしょうね~
多くの人に望遠鏡を見てもらえて良かったです。
あと、先生達の指導が良いので、マナーがとても良いので、安心して超広角アイピースが使えます。

No title

モカのパパさん、こんにちは。
さすがにこれだけの人数がいると、なかなか難しいですね~
それでも、自分のところはじっくりと見て貰った方がよさそうなので、なるべく興味を持って見てもらえる様に工夫してみました。
ほんと、この中から星好きが生まれてくれるといいのですが・・

僕は小5の時に、親戚から見せていただいたハレー彗星の姿を今でも憶えています。すっとした尾が綺麗でした。

No title

たか坊さん、こんにちは。
ユネスコの科学教室では、星だけではなく、翌日はハイキングで木の芽や、オオムラサキの蛹を探したり等も行います。その他にも、化石探し等、天体意外にも年間を通して様々な事を行なっていて、人気があるみたいです。
でも、宿泊は、この天体観測会だけなので、ほんと、保護者の方々の理解があってこそ、でしょうね~!

No title

ひろしさん、こんにちは~
いやー、フジノン15cmEDは凄いッスよ~
M45を入れてあったので、僕も、組の入れ替わりの時に、ちょっとだけ拝見してきたのですが、すばるの星たちがキラキラ輝いていて、その美しさときたら・・!!
大口径双眼鏡の威力なんでしょうねぇ~
暗い空の下でじっくりと眺めてみたいです。

この170人の中から、将来、宇宙飛行士や天文学者を志す人達が出てくるかも・・・!???
ま、そこまでいかなくても、自然の美しさ、寒い中で見た星空の体験を忘れずに育って欲しいですね~

No title

今年一年、そして観望会お疲れさまでした。

行くのにも大変な場所なのに大勢集まってくれたようですね。やはり、遠州地方では冬は星が綺麗ということが定着しているからかもしれませんね。

No title

GENTAさん、こんにちは~。
GENTAさんも、1年、お疲れ様でした。
また来年も宜しくお願いします。って、少し早いですかね (^^ゞ

場所はかなり辺鄙なところですが、確か浜松駅からバスを出していたんじゃなかったかと思います(違ったかも)
かわなは視界が悪く、観音山はぼうら屋さんよりもひどい(真南に浜松がくるので)ので、僕らからするとあまり価値がある撮影ポイントにはなりませんが、ここには40cm反射と宿泊施設があるので、良く使われる様です。

遠州地方の冬の星空は本当に綺麗ですね!大気が澄んでくるのでとても綺麗に見えますね。それにしても、170人にはびっくりしましたが、多くの方々の地道な活動の成果かもしれませんね!

No title

観望会で170人とは、ものすごい規模ですね!
子供向けには何回かやったことがありますが、
飽きて暗い中遊びまわる子たちを注意するほうが
メインだった気がします(笑)
それでも子供たちが望遠鏡を覗いて感動してくれた時は
嬉しいですね

No title

天体観測会のお手伝いでしたか。お疲れ様です。
それにしても170名とはすごい人数ですね!確かにパット見てすぐにどこかへ行ってしまう子もいます。対象の確認を兼ねてどのように見えているか確認するのは良い方法ですね。次回参考にします。
寒い中来られるのだから皆熱心なんでしょうね。きっと冬休みの良い思い出になったと思います。

No title

5Dさん、こんにちは~
ほんと、凄い規模で驚きました。もっとも、やぎさん達はもっと多くの観望会を経験されているので、これくらいは手慣れたものみたい?です。

飽きて遊びまわる子供・・を先生方も心配されていましたが、幸い、これだけ望遠鏡があると待ち時間も比較的短くなるからか、きちんと列をつくって行儀よく並んでいてくれていました。
観望会前のお話で指導もきっちり行き届いている感じでした。

ほんと、子供たちが感動してくれたときは嬉しいですね~

No title

RUKUさん、こんにちは。
ほんと、凄い人数でしたが、みんな行儀よく見てくれたこともあって、なんとかなりました。
そうなんですよ、ぱっと見て見えたのか見えなかったのか?こちらも不安になりましたので、声をかけていくようにしたところ、じっくりと見てくれて、二重星団の美しさを少しは味わってくれたのではないかと思います。

宿泊ありですから、友達と過ごす夜がメインだと思いますが、寒い中、友達と見た星空も良い思い出になってくれるといいな~と思います。

No title

UTOさんこんばんは
多忙の仕事から本日開放されました。

観望会お疲れ様でした。
すごい人数ですね。ここから画像拝見でも大盛況で嬉しくなります。
未来の天文家が育つことを期待しちゃいます。
今年もそろそろおしまいですね。
ちょっと早いですが来年もよろしくお願いいたします。

追伸:別件、UTOさん、おめでとうございます。

No title

タキさん、こんにちは~。お仕事、お疲れ様でした!
こちらも、昨日が仕事納め。忙しかった~
今から年賀状を急いでつくらなくっちゃ・・・(汗)

ほんと、凄い人数ですよね。このなかの何人かが、天体に興味を持ってくれると嬉しいのですが・・・4,5年程前には、ものすごく感動してくれた子もいて、最後帰るときにUTO先生ありがとうございました!と声かけてきてくれた子もいたんですよ。今も星を見てくれているといいのですが・・・
こちらこそ、来年もよろしくお願いします m(_ _)m

No title

お疲れ様です。いつものことながら、みなさんのアクティビティーの高さには頭が下がります。

こうした地道な活動で裾野が広がればすばらしいと思いますが、そこまでいかずともわれわれの趣味への理解が少しでも進めば、間接的にでも明日の観測地を守ることにつながりますよね。

No title

こんにちわ☆

UTO先生、お疲れさまでした

賑やかで、お天気も良くなによりです

子供に教えるって難しいですが
思いもよらぬ反応があったり
こちらも気づいたり、楽しいですね

インフルやノロが流行る前で良かったです

きっとみんな、冬休みの日記に書いているんだろうな~

お疲れさまでした

No title

かわうさん、こんばんわ~

浜松地域では、昔から、天体観察会が盛んで、僕もほんの少しだけお手伝いしています。
年に、5回程度ですが、それでも、多くの子どもたちに見て貰って、少しでも興味を持って貰えると嬉しいですね~
それに、自分のモチベーションもあがってきます。

うーん、こういう下地もできていることもあって、やっぱり、この地域だと発電機はちょっと使いにくいですね~。なるべくバッテリー運用で頑張っていこうと思います(どちらにしても、観望会で発電機は使えないから、バッテリーシステムが必要ですし)

No title

ななこさん、こんにちは~
ほんと、お天気が晴れてくれたのが一番ですね。今年は観望会は曇られることが多かったので(ギリギリでなんとか見えていたかな・・?)、なおさら良かったです。

子供たちに見せていると、ホント、いろいろな反応があって驚かされますね。
ほんと、見せていて楽しくなってきます。

ノロウィルス・・日本語にすると呪菌でしょうかね~(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ