FC2ブログ

記事一覧

うさぎ座の惑星状星雲 IC418

みなさん、こんばんわ。
本業が忙しくってコメントが遅れてしまいスミマセン m(_ _)m
その割にはブログネタだけはありまして・・(^^ゞ
記事更新だけはやっておこうかなっと (; ̄ー ̄A アセアセ・・

一昨日の晩に木星を観測した後で、せっかくなので、ということで、CCDビデオカメラで撮影したうさぎ座にある惑星状星雲IC418です。

うさぎ座の惑星状星雲 IC418 オライオン30cmF4 反射望遠鏡 直焦点
DFK21AF04 カラーCCDビデオカメラ 2 FPS (0.5秒) ×268コマ コンポジット

とても小さな惑星状星雲なのですが、その半面、かなり明るいです。
以前に冷却CCDカメラで1分程露出をかけたら見事に露出オーバーとなって飽和してしまいました。

そこで、今回はCCDビデオカメラで短時間露光で撮影してみました。
やはりこの方法は明るい惑星状星雲には絶大な威力があるように思います。
小さい天体ですが、なんとか、星雲らしく写ってくれました。

それにしても、真っ赤な天体で、まるで、うさぎの瞳の様ですね。
モノクロで、さらにフレームレートを上げて、10 FPSくらいで撮影して、選別を厳しくしてコンポジットすると、もう少しは構造も見えてくるかもしれませんね。
今回はそこまでやる気力がありませんでした。

明日は雨予報でしたので、先ほど、望遠鏡を片づけました。
木星くらいは撮影してから片づけの予定でしたが、本業が忙しくて帰宅が遅れたので、もうそのままパスでした・・・orz


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

相当に小さい惑星状星雲ですね。面輝度が高い惑星状星雲は惑星撮影と同じ方法も有効ですね。
それにしても1/2秒露出でもしっかり写るとは、かなり明るいのですね。

No title

小さくて明るいって事は、爆発して間もないって事かしら?
露出変えてごじゃっぺ処理するとどうだろう?

No title

こんばんは~
うさぎ座の惑星状星雲
綺麗ですね~

ナイスです。

No title

ネタの多いことはブロガーにとって、いいことですよ♪

じゃんじゃん更新しましょう。

うさぎ座・・・
キャワイ~感じですね♡

No title

この凄さ、分かる人にしかわからないでしょうねー(まあ、当たり前か)。私もこの手法をマネマネしたいのですが、何せ機材がありません。惑星撮影に興味があれば投資意欲も増すのですが、見るのは好きですが、撮影にまで行き着きません。
しかし、この作品、中心星に外周の明るい赤い部分、その中間の比較的淡い部分と、良く分離して構造・特徴が出ていると思います。

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
この惑星状星雲、視直径は忘れましたが、相当小さいです。その変わり、明るさはかなり明るいので、ほんと、惑星と同じ方法で撮影した方が構造描写に有利な様です。
ただ、Registaxだと設定しだいかもしれませんが、あまりに小さすぎると選別が上手くいかない・・(FFT設定で調整効く気もしないではないのですが・・)、そのままだと風でブレた星画像も合成してしまうので、ステライメージで読み込んで、ステラの評価値で選別させています。(ほんとは1500コマ取得してますが、使ったのは500コマ→ステラ選別で自分で足切り268コマ)です。

No title

アイちゃん、こんにちは~
僕も、ご臨終して間もない星雲なんだろうな、と思います。
実際はどうなんだろう? (・・?

露出を変えてごじゃっぺ処理、Okだと思います。
が、もしかしたら、EOSで撮るなら、EOSムービーがBestかも!??
明るすぎ、小さ過ぎ・・です。

No title

はなちゃん、こんにちは。
結構、綺麗でしょ~
もう少し、大きく写した方が綺麗になりそうなので、機会があれば、またチャレンジしてみ・・るかなぁ・・? (; ̄ー ̄A アセアセ・

もっと綺麗な星雲も沢山ありますので、また見に来てくださいね~

No title

しょうちゃん、こんにちは~
ネタはある・・といいつつ、ネタ切れかかってる気がしてきた・・写真が間に合わないので、ネタというか種はあっても、芽が出てて無い(>Д< ;)

うさぎ座自体もかわいい小さい星座なんですよ。
オリオンに踏みつけられてますが (^^ゞ

No title

sora-canさん、こんにちは~
そうなんですよね、使える天体がほんと限られてしまいますので、カメラまでなかなか検討できないんですよね。
僕もほんとなら、ICX618カメラにしたいところですが・・・・ガマンすることにしました。
冷却CCDカメラでもできないことは無いと思うのですが、SXVR-H694だとちょっと向いてなさそう。短時間露光よりも、ある程度長秒露光で使う様に、チューニングされている印象です。

No title

この手法で彗星の核の詳細を写し出せたらなぁ~と思いませんでしょうか?(笑

No title

kin**rohaji**oさん、こんにちは。
実は、ホームズ彗星は、この方法で撮ったんですよ (汗)
明るい彗星には大変有効だと思います。
核近傍の変化も捉えられるかもしれません。
パンスターズもアイソンも、ちょっと低空すぎてあまりじっくりと狙うのには向いていないのが残念です・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ