FC2ブログ

記事一覧

パンスターズ追撃!


今日こそはパンスターズ彗星を赤道儀で追尾して撮りたい!と思っていたので、
出勤前に、慌てて、フォトガイド赤道儀を積み込みました。
デジタルカメラは、ミラーレス一眼のX-E1だけではなく、キヤノンEOD40D、オリンパスE-620のデジタル一眼レフカメラ、カメラ三脚も2つ積み込み、万全の体制?で準備。

レンズは、やっぱり、Nikon200mmF2をメインに、MicroNikkor55mm,105mmを持っていきます。
ただ、撮りたいイメージからすると、もっと望遠がいいなぁ・・
でも、サンニッパは、フォトガイドには乗らないか・・(200mmF2もちょっとアヤシイかも)

昼食後に、外を見てみたら、素晴らしい透明度で遠くの山も良く見えます。
これは、出かけたらさぞや・・(゚A゚;)ゴクリ
と、思ってたのですが、風が強く吹きつけてきたせいか、その1時間半後に、外を見たら、透明度がガタ落ちでした、、orz

一気に、やる気が無くなりましたが・・・
GENTAさんのシャッターコントローラの忘れ物を探す為にもぼうらやさんに向かうことにします。
ただ、まあ、この透明度だし、時間的にも多少、余裕があったことから、一端、自宅に戻り、NewFD300mmF2.8L望遠レンズと、赤道儀もEM-200を積み込んで、17時15分、ぼうらやさんに向かいます。
気温は17℃。暖かくなりましたね~

ぼうらやさんには予定通り、日が沈む間際に到着。
yamatomoさんが先に来ておられました。
yamatomoさんは、コーワのプロミナー500mmF5.6でパンスターズ彗星を狙います!

yamatomoさんの機材  オリンパス E-620デジタル一眼レフカメラ Z.D25mmF2.8にて撮影

yamatomoさんと、少しGENTAさんのリモコンを探しましたが、見つからず。
とりあえず機材も組まないといけないので、後で探そうということで、まずは機材を準備。
そうしていると、先週、お会いしたご夫婦も来られました。
今回も、オライオン30cmF5.3反射望遠鏡をお持ちです。

オライオン30cmF5.3反射望遠鏡 オリンパス E-620デジタル一眼レフカメラ Z.D25mmF2.8にて撮影

自分の方は、フォトガイドも搭載してはありますが、やはり安定のEM-200を組み立て。
日の沈む位置から、この辺り!と三脚をセットして組み立てていきます。
極軸は当然、北極星は未だ見えないので、だいたい、になりますが、手馴れているぼうら屋さんなので、だいたいの方角はイメージできる・・・そう大きくはハズしていないと思います。
金環日食の時はそれで助かりましたし、今回もイケるハズッ!!(←根拠なし 笑)

機材を組んだら、あとはPCから、自動導入で導入させれれば、望遠レンズの視野内くらいにはひっかかるだろう!と目論んで、組み立てていきます。
望遠レンズを1台はガイドマウントに載せていくのですが、アリガタプレートを装着する長めのカメラネジがなかなか見つからず、ちょっと手間取りました。一瞬、ダメかと思った、、ε-(´∀`*)ホッ
時間はまだあると判ってはいるのだけど・・・焦るッ!!

ピントは地上風景で出せた社屋からの撮影と違って目立つものがありません。木立で合わせようかと思ったのですが、yamatomoさんから、月で合わせれば?と、言われて、おぉ、そりゃそうだ・・・っと、まずは月でピントを出して、ここから自動導入をかける・・
・・って、あれッ!?ここで忘れ物がッ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! (え、誰ですか、やっぱりと思ってる人わ・・orz)

いやね、ノートパソコン、忘れたんじゃないよ。
ちゃんと、FMVノートも、バックアップとして、SOTECのノートも持ってきてます!!
ただ、ノートパソコンの電源ケーブルを忘れただけだいッ!!
・・・よくよく考えてみれば、FMVノートの自前バッテリーはまだ生きているので、自動導入くらいはできたんですけどね・・今思えば、ですが・・(゚-゚;)ウーン

そこで、yamatomoさんから月の位置座標と彗星の位置座標を教えてもらって、Pyxisでダイレクト入力で自動導入させます。
こういう時にコントローラ単体から操作できるのは便利です。使い勝手はイマイチですが、これまでにも何回か、助けられています。

さて、予定位置に到着しました。
200mmF2望遠レンズにはデジタル一眼レフカメラのEOS40Dを取り付けています。E-620にするか悩みましたが、画角から、EOSにしました。
しかし、ファインダーを覗いても確認できず、Canon NewFD300mmF2.8に取り付けたフジのX-E1のデジカメの背面液晶でライブビューさせても見えず・・・
まだ明るいからか・・・、それとも場所が違うからか・・・
yamatomoさんは場所を疑って、探している様子。
自分も悩みましたが、クランプを緩めて探し始めました。
しかし、なかなか見つかりません・・・

そうしていると、ご夫婦の方から、オライオンで、パンスターズ彗星を捉えた!とのことで、早速見せて頂きました。
薄明の中、明るく黄色く輝く核とその周りにうっすら見えるテイルがなかなか見応えがあります。

さらに慌てて探すのですが、赤道儀だとやっぱりなかなか操作が難しい(バランスが崩れてるのもありますが・・・)
そうこうしているうちに、yamatomoさんが、「捉えた!」とのこと。うぉぉ・・いないよぉ・・((((;゚Д゚))))
位置を後ろから確認させて貰ってみると、うっ、この位置だとボクの場所からは木の向こうかも・・・
と、半ば諦めて、カメラ三脚に搭載したE-620デジタル一眼レフカメラにMicroNikkor55mmF2.8を取り付けて、yamatomoさんが撮影している付近を狙う・・
うーん、デジカメの背面液晶だと見えない・・・

パンスターズ彗星 E-620 デジタル一眼レフカメラ MicroNikkor55mm F2.8開放 10秒×2コマコンポジット

一応、写ってました (∩´∀`)∩ワーイ
でも、気がついたのは帰ってからです。背面液晶では見えなかったです。
おまけにピンぼけ・・・orz

あれ、でも、位置的に赤道儀からも捉えられそうな気もする・・・

と、再び、赤道儀と格闘開始!
木立のそば、そのあたりにいるはず・・・

X-E1の背面液晶、社屋では彗星もバッチリ捉えられたのですが、やはり光害が無いせいか、液晶は真っ黒のまま、EOS40Dのファインダーを見ながらですが、これも見つからず。
仕方なく、当たりどころを付けて、2.5秒で試写してチェックしていきます・・・

あっ、いたッ!
時刻は18時50分、撮影チャンスはややのがしてしまった感がありましたが、
なんとか撮影開始です。
露出は30秒にセットして、なんとか8コマ切りました。ふー。
パンスターズ彗星 3/16 Canon NewFD300mmF2.8L望遠レンズ フジ X-E1 デジタルカメラ 30秒×8コマ

その後、バルブに変更して、露出1分で切りました。
当初は、ケーブルレリーズから、EOS Kiss用のリモコンに切り替えるつもりでいたのですが、そんな余裕もなく・・・
でも、X-E1はバルブにすると背面液晶に時刻のカウント表示をしてくれるんですね!
これは便利。細かなところですがこんなところも天体写真向きかもいれません。(・・・タイマーリモコンでやるときは逆に邪魔な気もしますが・・)
ただ、雲の影響でほとんど写らなくなってしまいました。

こうして、ドタバタしましたが、なんとか、無事、パンスターズ彗星を撮影できました。
こうしてみると、やっぱり明るい彗星だなぁーと思うのですが、せめて低空の薄雲さえなければね、、、

今日は、自分も含めて、みなさん用事があるのか、これにて撤収。
最後に、GENTAさんのリモコンが無いか、懐中電灯を照らして探してみたのですが、みあたりませんでした・・

撤収後、ぼうらやさんでは風が無かったので、
庭先で、オライオン30cmとSXVR-H694で撮影開始。
しかーし、途中から風が・・・orz ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ぶれぶれで使い物になりません。
おまけに、なんと、FMVノートのHDDがパンパンになっていて、途中で書き込みエラー!!うーん、HDD,容量が40GBしかないからなぁ・・・
ST8XME時代なら、それでも、半年は楽勝に持ったんですが・・・┐(´∀`)┌ヤレヤレ

やー・・疲れているので、準備した後はぐっすりと寝てしまったのですが、あいからずのダメっぷりにガックリ。疲れている時に頑張っても、あまり良いことはありませんねぇ・・・( ´Д`)=3

今月は、撮影だけは割りとしている気がしますが、風にやられたり、透明度悪に泣いり、成果は無い気がしてきました、、orz
処理どころか撮影したデータのチェックも出来ていないのでどうかはまだ判りませんが・・
せめて1作品で良いのでまともに撮れているといいのですが・・・(人∀・)タノム

まあ、パンスターズ彗星も写せたことだし、今月の撮影自体には、かなり満足感はあるので、いいかなぁ~

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

やっぱり期待にこたえてくれてます。でもなんとか撮影できて良かったですね、なれた場所でもポーラメーター等を使用して簡易極軸セットし月でアライメントすれば300mmくらいなら自動導入で画角内に入りますよ。黄砂等の影響が少ない状態で撮影したくてしょうがないです。あんがい立派な彗星ですね。

No title

多々ご苦労されたんですね~でも彗星は見事に撮影出来てヨカッタですね!
私ももっと拡大で撮影したいのですが、東北の日本海沿岸は今週は悪天候、、、
しばらくはおあずけです~

No title

私のコントローラーのために時間を費やさせてしまったようで、すみませんでした。
それにしても何処へ行ってしまったのか。電波時計付き温湿度計も消えたまま。こんどは蛍光反射テープを貼っておくことにします。

ぼうら屋では何とかパンスターズ彗星を捉える事が出来て良かったですね。やはり、赤道儀撮影だとシャープですね。
この日は皆さん早じまいだったのですね。鬼怒川の夜空を見て少し悔しかったですが、遠州特有の風が出たらダメですね。

No title

今回も楽しい記事をすっかり一気読みさせていただきました。
なんだかんだあっても、しっかり結果を残すUtoさんが、本当に凄いです。
リスク対応が完璧ですね。政府の危機管理委員会のメンバーになって欲しいくらいですよ。

No title

こんばんは♪

今夜はBBQ!
こういう所に行くと私はBBQの管理ばっかりかも・・・

No title

本当に面白いです!文章!!
これから、遠征で一人の時はUTOさんの
ベージ見る事にしました。
寂しくなくなりそうです。
電波ないと無理ですが....

No title

シュミットさん、こんにちは。
いやー、ほんと、時間との戦いになるので、なかなか難しいですよねぇー。
なんとか追尾撮影にこぎつけられて良かったです。
でも、霞空のせいか、イオンテイルは写りませんねえ・・

No title

エムティさん、こんにちは~
ブログネタなら、任せてください!?(汗)
ポーラメータ、そんなに便利なんですかぁー。
ちょっと興味が湧いてきた・・!!
ニワトリで2式目を展開しようとすると極軸が合わせられないので、それにも使えるかも・・(゚A゚;)ゴクリ

ほんと、立派な彗星ですよね。黄砂や春霞がほんとに残念です。
地心距離、日心距離は開いてしまいますが、夜明け前に回ってくるのを楽しみにしています。
この時はST8300Mの出番かなぁー。

No title

かいなおさん、こんにちは~
こちら、太平洋側もお天気はイマイチ望めない様です。
月も大きくなってきますし、あとは夜明け前に期待かな・・

No title

GENTAさん、こんにちは。
いえいえ、割りと時間はあったので大丈夫ですよ。
組立終わってから導入するのに手こずりました┐(´∀`)┌ヤレヤレ

それにしても、コントローラ、どこに消えたんでしょうね、ぼうらやさんが拾って預ってくれていないかしら・・?

この日はみなさん早じまいでした。自分の方も彗星セットしか持ってきてなかったこともありましたが、透明度もイマイチでしたしね。
その後の風の強さを考えたら、撤収して正解でした。

No title

いーぐるさん、こんにちは。
いつも楽しく読んで頂いてありがとうございますm(_ _)m
一応、ぼうずだけは避ける様に、こころがけてはいます (^^ゞ
でも、毎度毎度、何か一つ、ヌケてるんですよねぇ・・( ´Д`)=3

No title

こんばんわ☆

パンスターズ彗星って意外と長い期間見えているんですね

私も一応見てみましたが、まったくでした

そのせいか、一般の方々には認知度が低かったようで
せっかくの彗星なのに残念です

御苦労されたようですが「捉えられて」なによりです

No title

持っていく機材が増えると忘れ物が怖いですよね
無事撮影が成功できて何よりです。
パンスターズ彗星はかなり明るくなりましたね!
前評判と比べると肩透かしですが(汗)彗星初体験の僕は非常に満足です。
NZよりも撮影時の高度が高くなっているので、日本での撮影が非常に楽しみです。

No title

彗星撮影はほんとばたばたしますよねー……って、うおぅ、またなんて隙間に(笑)
結果として絶妙に視界がとれてたんですね。ナイスな場所に設置されてたようで。

しかし気になるタイトルですぞ(笑)

No title

小ちゃん、こんにちは~
BBQ、いいですねぇ~
この場所でやったら見晴らしも良くて最高そうです。

No title

addict2525さん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
ちょっと最近、ワンパターンかなぁーとは思っているのですが、まあ、そのあたりは、観測日誌ということで、ご勘弁を (^^ゞ
それにしても、観測日誌というより、トラブル日記になってる気がッ・・(´・ω・`)

No title

ななこさん、こんにちは~
パンスターズさんは、これから4月になると夜明け前に見やすくなってはくるのですが、太陽からも地球からも離れていくので、どんどん暗くなっちゃいます。
肉眼ではほとんど見られないみたいですが、ブログを拝見していくと目でも捉えられた方もいます。明るさも、0等級と観測されている方もあるようで、明るさだけなら立派なのですが、こう見つけにくいと、やっぱり一般的なニュースにはならないのでしょうねぇ・・
11月に来るアイソン彗星は、もっと良く見える様になると思います。もっとも夜明け前なので、ちょっと見るのも大変ですが・・・

No title

5Dさん、こんにちは~
NZでは素晴らしい星空を満喫されてきたみたいで、羨まし~です!
パンスターズ彗星、明るさだけならほんと立派ですよね!
大彗星という程ではないかもしれませんが、薄明の中でこれだけ写ることを考えれば、やっぱり大彗星と言ってもいいのかも???

忘れ物はここのところ、立て続けですから、気をつけないといけないなぁ・・( ´Д`)=3
機材の多さも、ですが、やっぱり突発的にやっぱり、コレ持って行こう!!という感じなのが×かなぁー・・

No title

かわうさん、こんにちは~
彗星撮影はほんと、バタバタしますね。
でも、変化が無い星空撮影の中で毎年同じ天体ばっかり撮影するっていうのもチョット何なので、こういうイベント物は大歓迎です。

左側の影は実は、近くの山で、右側が木なんですよ。ギリギリでなんとか捉えられました ε-(´∀`*)ホッ

タイトル・・さすがですねぇ、、意識してなかったんですが、なるほど・・ザン・・いや、なんでもない (^^ゞ

No title

パンスターズ彗星ゲットおめです!
空の暗さからいくと遅ければ遅いほど見えるはずですが、
低くなると霞みやら遮蔽物がありますから思った以上に撮るのが難しい彗星ですね。

それにしてもどたばた大変だったようで、遠征先で忘れ物に気づいたときはショックですよね~
痛いほど分かります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ