FC2ブログ

記事一覧

遠天例会とオライオン清掃

ようやく、年度末の仕事も一段落。
土曜日は、オライオン30cm反射望遠鏡の清掃をしました。
ミラー、昨年はなんだかんだで洗い損ねてしまったので、2年ぶりの清掃になります。

オライオンミラー フジ X-E1 デジタルカメラにて撮影

やー、さすがにバッチイです ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
よくもまあ、これで撮影していたもんです。
ただ、あれだけ戦果を上げていたオライオンでしたので、正直なところミラー清掃で大きくエレメントが狂うのを恐れたという面が強いです。
光軸調整、出来ないわけではないですが、得意というわけでもありませんカラ・・・ (;゜Д゜)


清掃はいつもどおり、お風呂場で行いました。
20cmのイプシロンまでなら、台所や洗面所でなんとかなるのですが、さすがに30cm望遠鏡のミラーともなると、ちょっと作業場は広い方が無難です。
ただミラー、綺麗にはなったのですが、メッキが結構、劣化しとるなぁ・・・・( ̄ヘ ̄;)ウーン
2,3年後には再メッキし直した方がいいかもしれません・・・
価格によっては、カサイ取り扱いのミラーと入れ替えた方がいいかも?
ボクのオライオンは、焼津の御大によって、カサイさんの主鏡セルに換装されていますのでそういう手段も採れなくはないのです。
まあ、再メッキの価格次第によっては・・ですね。
この後、斜鏡も清掃して、光軸調整も行なって、そこそこのところに合わせたとは思うのですが、あとは実写してみてどうか判断せねば・・です。

本日は遠天の例会日でした。


例会の様子 スマホ Galaxy Sのケータイカメラにて 

遠天の世話役、タカさんは、ビットランのBT82だったかな?1600万画素フルサイズの冷却CCDカメラを入手されて、自宅天文台での撮影を初められています。
望遠鏡は、イプシロン250!!素晴らしい組み合わせで、手馴れてきた暁には、良作を量産してきそうに思います。
タカさんは銀塩写真の頃の天体写真のベテランです。
作画したこのM42も、銀塩写真チックに仕上がっています。
昨今のデジタルカメラによる作風とはやや違いますが、これはこれでアリかなぁーと個人的には思ったりしています。
ただ、まだ背景カブリの傾斜(光害が強いところで撮影していますからね)や、アンシャープマスクによる黒縁など、まだまだ改善する余地がありますので、その辺りが解決した上で、銀塩のベテランならではの表現を期待したいところですね。
yamatomoさんからレイヤーマスクなどの処理を教わっていました。


パンスターズ彗星の写真を見て議論中

GENTAさんとyamatomoさんの作品を前に、パンスターズ彗星の話題です。
ちょっと期待はずれだったよね?
明るさ的には、0等級とプロットする人もいるし、核の明るさだけなら明るくなったんじゃないの?
でも、薄明中だから、双眼鏡でもなかなか見えないヨネ・・
やっぱりスターになりそこねた半スターズかな?
撮った?135mmで一応とったけれど、イマイチ・・・
あとは、4/5付近のアンドロメダ大星雲の接近が楽しみ?
APS-Cのカメラなら、300mmでもイケますよね?
200mm、あるいは135mmくらいが画角的にイイよ?
東開けたところあるかなぁー
天竜川の河川敷が良いのでは。ただ、北になるべく行った方が良いよ。
天竜の森の手前に東、開けたところあったよね?
スーパー林道の開通は4/20頃だよ。
5月は、?星雲の中に来るんだよね。GENTAさんの狙いどころでは。
地球からも、太陽からも、遠くなるけれど、これだけダストリッチな彗星なので、5月でも尾を引いていて面白いのでは。
コマが無いんだよねぇー。やっぱり彗星は青緑色じゃないと!?
レモン彗星は見事だよね。

などなど、割りと盛り上がりました。



最後は画像処理講座。
GENTAさんのノートPCと、デジタル一眼レフカメラ、EOS60Dで撮影した画像を使って、カブリをぴんたんさんのフラットエイドで補正するのを、あれこれ議論しながらやっていました。
星雲付近は、ブラシで消して行う(yamatomo)
Gaussぼかしを100Pix以上で入れないと・・・光害カブリって超おおまか、低周波成分なので大きくぼかした方が上手くいく(uto)
これ、ご近所撮影しておけば完璧補正できそうだよね(yamatomoさん)

その後、ノイズ除去処理について、検討。
ニートだと星までボケちゃうよね?(タシロ大佐)
サンプリング型NRなので、一度良いデータを得たら、保存しておいてそれを使いまわしでもいいんですけどね(uto)
ニートよりも、もっといいのがあるよ(GENTA)→Difneの紹介

などなど、5時まで割りと充実した内容の例会となりました。
タカさんの作品、元画像はフルサイズ冷却CCDカメラにイプシロン250と大口径望遠鏡での作品だけに非常に優れているだけに、これから頑張って欲しいですねー

桜 フジ X-E1 デジタルカメラ XF18-55mmにて

それにしても、すっかりと暖かくなりましたね。
桜の花も8分咲きといったところ。
来週まで持ってくれるかなぁー。
例会から帰宅後、少し散歩がてらパチリと適当に写してきました。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

その隙に、もう報道されましたがM65に超新星です。
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130324-OYT1T00629.htm

No title

UTOさんおはようございます。オライオン30cm鏡は「激闘」の後って感じで、使い倒し感に出撃回数のすごさを物語っているようです。恥ずかしながら私のR200SS主鏡は20年経っても結構きれいでした(メカ音痴なのでメーカーにお願いしましたが)。
それにしても遠天の皆様は多士済々ですごいですね!私のわからない話もどんどん出て楽しそうです。北陸も素晴らしい写真を撮られる方が多々いらっしゃいますので、交流を深めたいと思いました。これからも素敵な写真をアップ下さい!

No title

タキさん、こんにちは~
ぜひ、おこしくださいませ~
また開催日時などは、後日、ブログでもお知らせしますね~

No title

いーぐるさん、こんにちは~
遠天写真展、またぜひ、いらしてください!
お待ちしてま~す。

No title

こうやって皆さんで集まられての勉強会は本当に羨ましいです。
私の周りにはまずこの様な方がおられないのでいつも一人で思考錯誤
でもブログには沢山の先生がいらっしゃるのでスゴく心強いです(^_^)

私もそろそろSE250の主鏡を洗わないとなぁ~

No title

ろざりおさん、こんにちは~
パンスターズ彗星、明るさだけなら、0等級くらいまで明るくなったみたいです。
でも、イマイチ迫力に欠けますよね・・(´・ω・`)

桜、こちらは8分咲き。週末まで持つかなぁー
ぜひ、撮影して見せてくださいね。宇宙桜も楽しみにしていますヨ!

No title

GENTAさん、こんにちは。
例会、お疲れ様でした~
女性雑誌、良く見てますねぇ・・全然、気にも止めてませんでした (; ̄ー ̄川 アセアセ

タカさんのシステム、画像処理に慣れてきたら凄いのが上がってきそうですよね。楽しみです。
さすがにベテランは撮影システム(光軸)にもこだわるなぁ・・と感心しました。

スーパー林道開通は4/1ですか!狙うのは4/5未明がBestだと思いましたが、ボクも行ってみようかなぁ・・(゚-゚;)ウーン
低空なだけにデジカメにするか冷却CCDにするかも悩ましいです。

No title

おっと、書き忘れました。
画像処理勉強会もやりたいですね。
CCDStack勉強会もどこかでやりたいと思っているのですが、ドタバタしているうちに、春になっちゃった・・(゚-゚;)ウーン
もう少しすれば生活も落ち着いてくるので、それからかなぁー。

No title

T-Fixさん、こんにちは~
みんな集まって情報交換。楽しいですし、新たな刺激も受けますね!

ノイズ除去、やっぱりみなさん、悩みは同じなんですねぇ・・(^^ゞ
フラットエイドも、ちょっとコツを掴むと上手くいくのですが、ぱっと使ってみるだけだと、感触が掴めないのかな?一度、実際にやるとバッチリだと思うのですが・・
かくいう自分も、一度保存して別のソフトで補正していたので、フラットエイド単独で補正するというところまでやってくれていたので、ボクも大いに参考になりました。

No title

kobe1995さん、こんにちは。
やっぱり超新星でしたか~
なかなか観測所が無いと、即撮影というワケにもいかないのがネックですね・・(´ε`;)ウーン…

No title

けいけいさん、こんにちは~
オライオン、ほんと、良く使ったもんなぁ・・
おかげで、イプシロン200と、ASC-11は出番を奪われていたりします・・(^^ゞ
取り回しが楽な面が大きいのですが・・ASC-11もそろそろ使ってあげなければ・・

ミラーは綺麗に使うにこしたことはないですよね。
R200SSのミラーは自分で洗ったら、光軸がなかなか合わせられなくて泣きそうになってました(12,3年ほど前ですケド・・)
いろいろと試して、やっとなんとか・・でしたので、F4ミラーは結構怖いですよね。
オライオンも、自分では自信があるのですが、撮影してみた時に、アレレ・・???とならないことを祈りたいです ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

遠天のみなさんは、眼視から星景写真から、アストロトレーサーや惑星まで、いろいろとやられている方が多いのもあって、結構、様々な情報が入ってきてとても楽しいですよ。

No title

かいなおさん、こんにちは~
近くに同好の士がいてくれて、ほんと助かっています。
でも、最近は、仰る通り、情報はブログやネットで得られるので、昔に比べれば、いろいろと助かりますよね~

No title

utoさん、こんばんは、タカです。 1

ブログに私が話題とのことで伺い参りました。

ミラーの洗浄ですか、
私は、超新星発見者で有名な板垣公一さんが定期的に鏡洗浄をしている、
そのテクニックを利用させて貰ってます。
その後の処理ですが前もって純水を購入して置き
純水を鏡に振りかけてガーゼを泳がせる様に優しくなでます。
これを2回ほど行い洗剤アカや水アカを完全に排除します。
それから2~3回純水を振りかけて流します。
残った水滴は綿棒で丁寧に吸い取ります。
この方法で20年ほど再メッキしなくてもOKです。長持してますよ。
多少のメッキ劣化は許容範囲かな??

写真の出来映えはまだまだですが、
まあ、銀塩のアナログ的な軟らかく優しい感じの写真が好きなので...

yamatomoさんのPhotoshopテクニックは獲得する価値、大ですね。

デジタルは入り口に入ったばかりで皆さんのご指導無くして進歩は無いでしょう。
皆さんの知識・技能・経験値は遠天の宝だと思う。

No title

utoさん、こんばんは、タカです。 2

赤道義の極軸が合わない理由と言うか合わせられない理由が分かりました。(コンポジットでのエラーの原因)
1.極軸望遠鏡で合わせている時は私は赤道義の南側います。
2.北東の星を追尾調整中は私はほぼ赤道義の西側います。
3.南中の星を追尾調整中は私は赤道義の北側います。
4.確認の撮影中は私は赤道義の西側または東側います。
結論、私の体重分だけ私の居る側に赤道義が傾斜します。
よって、撮影結果は僅かですがカットごとに回転した画像になる。
1カット内では短時間だから回転は確認出来ませんがLのコンポジットで明らかに回転が生じています。
正確な極軸合わせは不可能である。
コンポジットでのエラーの原因がここに有ったのです。
CCDStackやステイメ7はこれらを解消してくれます。

No title

utoさん、こんばんは、タカです。 3

そろそろ春ですね。我が家の庭にも花が咲き始めました。
一眼レフデジカメまだ購入に至っていません。星撮影機材に化けた..です。トホホ...
今年の夏頃までには購入をと覚悟を決めています。「獲得なるか??奥さんはビデオカメラが先だと言っています。」

デジタル化を見すえてホームページをリニューアルしました。
ttp://space7odyssey.web.fc2.com/
でも、まだ天文台のぺージが増えただけですが(^^;)

No title

はじめまして。マグニフィコと申します。
夜空を見上げていると心が洗われます。
遠州地方にもかなり濃い天文ファンの方々がいらっしゃるのですね。

No title

タカさん、こんにちは~
ボクもミュートンさんに教わって、最後に精製水を使って洗浄していますが、綺麗になります。
方法としては板垣さんの方法と似ているかなぁ・・柔らかいガーゼではなく、柔らかいスポンジで泡の膜を必ず作ってから傷つけないように清掃していますが、なるほど、ガーゼですか φ(..)メモメモ

極軸のエラーですが、モノクロCCDなら(DeBayerを使わない素子なら)実のところ、回転ズレによる誤差は情報量の増大になるので、悪いことではなかったりします。
これを利用しているのがHSTでも使われている技術のDrizzleですが、通常のコンポジットでも情報量は大きくなります。
ただ、回転があっても精度よくコンポジットできることが条件ですが・・
逆に回転が入ると画素数を増やさないと鈍るんでしょうね・・今、書いていて気が付きました。

No title

タカさん、引き続き。

あれ?パンスターズ彗星はデジカメで写されてませんでしたっけ・・(・・?
最近のデジカメは、30分の制限付きですが、動画も撮れちゃいますし、安価なUSBメモリに記録するカメラも下手したら1万円くらいからありますよね。
とりあえず、カメラとビデオ両方買ってきてビデオ分をカメラに上乗せして、カメラでも、動画撮れちゃうぜ、とアピールするのが吉かな?

No title

マグニフィコさん、こんにちは。
本当に、夜空を眺めていると、癒されますね~
遠州地方、実は結構、天体観察がさかんな地域だったりします。
遠天でも、磐田市豊田町の図書館で6月はじめに天体写真展をやりますので、もし都合がつきましたら、ぜひいらしてください。

No title

約1ヶ月前のブログへのコメントですみません。
カサイの20cmF5主鏡を使っていますが、月、木星を見てがっかりしました(^_^;)
10cm屈折の方がよく写ります。
ただ、光軸修正が甘い可能性が残っていますし、評判は悪くはないので、
当たり外れがあるのかもです。

そこで、英オライオンの20cmF4.5の高精度加工品を頼んでいます。
精度的にはこちらの方がいいはずですが、「仕様通りの精度で仕上げることができなかったんですが
これでもいいか?」などと言ってきているので、額面通りのものが手に入るかどうかはあやしいです(^_^;)
いつかはR.F.Royceのような主鏡専業メーカの鏡がほしいなぁ。。
釈迦に説法ですが、主鏡の精度にはこだわった方がいいんじゃないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ