FC2ブログ

記事一覧

ぼうらや遠征4/13

土曜日午後、ブログ記事を書いていたら、yamatomoさんから℡。
『遠征に行くんだけど、天竜の森かおろくぼか、どちらがいいですか?
GENTAさんは、天竜の森が良いと言っているのだけど・・?』

うーん、おろくぼは休日前だから、人の出入りもありそうだし、東は山や木々でもし晴れてもパンスターズ彗星は撮れなさそう。ただ、天竜の森だと、バッテリー使用になるので1台しかもっていけない・・・
もっとも、夜半以降は曇り予報でしたので、まぁ、オライオン1本で充分か。
撮りたいのは、小宇宙だし。

と、いうわけで、『GENTAさんが天竜の森と言っていることですし、天竜の森で。』
でも、嫁さんが出社日で仕事をしているので帰宅していなかったら、後が怖い ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
『一応、嫁さんが帰宅してから、話をして行きますね~』

少し軽く寝てから、機材を車に搬入。オライオンは一応、もう一度、光軸調整からやった方が良さそうだったので、光軸を調整していたら、17時半頃にヨメさんが帰ってきた。
ゲッ!Σ(・ω・;||| 早いジャン・・・
案の定、玄関に横たわるオライオンとその他工具を見て、いきなりご機嫌ナナメ、怒りゲージが上がってそぉ・・
「えっと、みんな、天竜の森に行くのでボクも行こうかなぁー・・と思って準備を・・ (・。・; 」
「ふーん、行くんだ」
「いや、まぁ、晴れてるし、新月期だし、、、、」
「・・・・」
「・・・・」
「行ってもいいけど、買い物に行ってから!」
「・・・はい」

と、買い物に出かけてから出撃することになりました。
で、買い物から帰宅してくると、時刻は19時半。
機材は買い物に行く前に積み込んでいいよーとありがたーいお言葉を頂いているのですが、これから耐寒装備をして出撃しようとすると、出立は20時過ぎ。到着で22時?望遠鏡の組立やって、撮影開始できるのは0時前?そうすると、天気予報的に曇ってくるのでは・・
あちゃー、こら、ダメだわ。

とりあえず、誘ってくれたyamatomoさんとGENTAさんに、メールして諦めの旨を連絡。
でも機材は積み込んであるし、今は晴れている・・・
と、いうことで、ぼうらやさんに行って来ました。

出立は20時頃、気温は9℃程。ぼうらやさんでも7℃程で昨日に比べると暖かです。
しかし、空がどうにもカスんでいてやる気が出ない空・・・

オライオン30cm反射望遠鏡と浜松市の光害 フジ X-E1 デジタルカメラ XF18-55mmにて撮影

あちゃー・・双眼鏡も持ってはきたけれど、これじゃあ、観望する気にもならないや・・(´・ω・`)
一応、望遠鏡を組み立てて、撮影開始。
前々から撮りたかったやや南に低い小宇宙を狙います。北天も自宅から撮影できない状況になりましたので、北天狙いでも良かったのですが・・・
まあ、撮りたかった対象があったので、そちらを優先させました。

yamatomoさんに℡してみると、天竜の森も、透明度はイマイチの様です。
ただ、ニンジャS浦さんも来られたそう。
うーん、独りぼっちの遠征だとチョット寂しい。
この空じゃあ、双眼鏡で観望してもあまり楽しめそうも無いですし、まあ、寝るかなぁー・・
と、車の中で仮眠することにしました。
昨晩の疲れもありますしね。
目覚まし時計をセットして、毛布で寝ることにします。
電気毛布も持ってきたので、こちらを敷いて一寝入り。

22時半頃に寝て0時頃に起きてきました。
風がやや出てきたみたいで、吹きっ晒しのぼうらやさんではちょっとブレまくっていて、イマイチ・・・
まあ、こう考えると、作品狙いではなく、小宇宙訪問狙いで正解だったかな・・・
画像はまた後日、処理してみます。

そろそろ曇ってくる予報ですが、西空低空に雲があるものの、出足は鈍い・・?
もう一対象撮ろうかと、次のNGC天体に向けます。
風がやや強いので、ちょっとまともに撮れないかも・・・
また車に戻って少し、ウトウトしてきたら、雲が出てきて全天を覆ってしまいました。

まあ、GPV予報通りでしたし、なにしろ、風があるので、星がブレブレ。PHDGuidingのエラーグラフもヒサンな状況でしたから、しゃーない、撤退するか・・・と、撤退準備に入ります。
とはいえ、フラット補正データだけは取得して帰りたいので、蛍光発光フラット板、がいこつ君を使って、車のヘッドランプで励起させて、1枚あたり30秒で露出して複数枚フラットを撮影してから、片付けになりました。
しかし、SXVR-H694のシステムをまんま持ってきたのですが、ケーブルが多いこと、多いこと。
おまけに、絡んだりして、組立はまだしも片付けはホント大変でした。

オライオン30cm反射望遠鏡 フジ X-E1 デジタルカメラ XF18-55mmにて撮影

ケーブルが煩雑で、スパゲッティコード状態。( ̄ヘ ̄;)ウーン
片付けるのにえらい時間がかかってしまいました。
こう考えると、STシリーズのセルフガイドってシンプルでいいです。
ST8XMEなら、USBケーブル、電源ケーブル、ガイドケーブルの3本だけで、すべて完結してしまいます。
ところが、SXVR-H694を使おうとすると、
電源ケーブル、分岐電源ケーブル(CoolingEnhancerのファン用)、USBケーブル、フィルタホィール電源ケーブル、フィルタホィール制御シリアルケーブル、ロードスターUSBケーブル、ガイドケーブル、GPUSB
と、非常に煩雑になってしまいます。
これらがワンコンポーネントになっているSTシリーズは、やはり遠征では強い見方だと思えます。
旧STシリーズだとどうしても、フィルターによる減光問題があるのでガイド星の制限は大きいですが・・・
平日遠征に出ようとすると、ちょっとSXVR-H694のシステムでは厳しいかもしれません。。。

2時33分、ぼうらやさんを後にしました。
片付け終わったら、また星も見えて来ましたが、風も出てましたので、まぁ、もういいでしょう・・・(´・ω・`)ノ

パンスターズ彗星は移動がまだ早かったので、やっぱりワンショットカラーのデジカメでも撮影しておきたいので、ひょっとしたら、平日遠征に出るかもしれません。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こうして見ると、やっぱりオライオン30cmはでっかいですねー。30cmあるんだから無理無いんですが、EM200がGP赤道儀に見えちゃいます(^^;
私の場合、カメラのリモートレリーズの置き場でさえ悩んでバタバタしているので、こんなにケーブルがあったりしたら、絶対足に引っ掛けて転びそうになります。
…こないだは、星景撮影用のE-PL5を三脚ごと蹴っ飛ばしてしまいました(^^;;

No title

家庭平和のためには正しい対処です。当分の間はニワトリメインがよろしかろうと思います。ギャンブルや浮気ではないのでそのうち心よく出してもらえますよ。
寒い時の撤収はケーブルが硬くなるので大変ですね。私はグチャグチャでもBOXにそのまま放り込んで帰宅後に暖かい室内で片付けてます。

No title

独身時代のようには行きませんよね。奥様もUTOさんとゆっくりすごしたいと思われているでしょうし。私なんか言ってくるよ、というと嬉しそうに行ってらっしゃいと送り出してくれます。きっとうっとうしいのがいなくてのびのびするんでしょう。いつかそうなります…いやUTOさんならならないですね、きっと。
撮影の方は天候の関係でいまいちでしたか。そちらは早く曇る予報でした物ね。こちらは予報では一晩晴れでしたが途中2時間ほど撮影不能の雲に覆われました。真っ黒な雲も光害が無いしるしと近場ではない光景ですからゆっくり眺めていました。

No title

機材も色々と掛かるでしょうし、時間も・・・

私も釣りに関してはけっこうあれこれありました。

今ではボートまで(笑)

ゆっくり頑張りましょう♪

No title

土曜日はどちらも完全に晴れてた場所は無かったようですね。
しかも一番おいしい明け方がさっぱりダメだったようです。そちらは私達からすれば西側ですので雲の来襲が早いですね。
私は来週から次の新月期まで、奥様の御用聞きのようにこまめに働きますよ。しっかり奉仕活動して次の新月期には胸を張って遠征ですね。(笑)

No title

何だかんだで理解してもらえているようで何よりです、今までのようにいかないかもしれませんが、満月期の家族サービスは重要ですね。

H694は本体はスマートですが、ケーブル類は厄介ですね。
一応冷やしの第1候補なんですが、Atikからも同じICX694搭載冷却CCDが出ていてちょっと迷ってしまいますね。

No title

玄さん、こんにちは~
いやー、ホント、さすがに30cmあるとでっかいです。でも、軽いのでEM-200に搭載できて助かってはいますが・・・
ケーブルはほんと、ごちゃごちゃして参ります。
ニワトリならそれでも苦は無いんですが、遠征でこのケーブル量は結構めげますね。平日遠征での持ち出しはちょっと厳しい・・
休日前なら、Okですけど・・。

No title

エムティさん、こんにちは~
そうですね、もし、これで、嫁はん帰宅時に僕が遠征していなかったら(←ちょっぴり考えた ^^;)、マジで鍵かけられて入れて貰えなかったかも ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
あ、あぶなかった~ (; ̄ー ̄A アセアセ・

ケーブル類はホント煩雑になりますね。
僕も、遠征時は結構乱雑にガッと入れちゃうんですが、それでもケースがギリギリなので、うまくしまわないとフタが閉められなくって・・
テキトーにしまうんですが、収まる様に押し込んでいます (^^ゞ

・・帰宅後に片づけ直すってのはやらないなぁ・・流石です!

No title

T-Fixさん、こんにちは~
いやー、果たして、いつまで、そう言って貰えるのやら・・!? ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
こちらはお天気は残念な感じでした。
真っ黒な雲、こちらだとGENTAさんが行く天竜の森やその先の過労平だと、見られますが、それでも、南側は浜松市の光害を反射して白い雲が押し寄せてくると見えなくなる!ステルス!!って感じです(笑)
曇りやすいですしね、北遠。なんど泣かされたことか・・
それでも、この時期は比較的晴れるみたいなので、僕も行きたかったなー。

No title

小ちゃん、こんにちは~
趣味の世界は、これはこれで、ハマると泥沼、もとい、いろいろ楽しいですよね~
苦労も楽しめる様になるのは良いことかも!?

No title

モカのパパさん、こんにちは。
西日本から下り坂だったので、仕方ないのですが、でも、やっぱり一晩晴れて欲しかったですねぇ~。
そちらが羨ましいです。
満月期は満月期で、ナローバンドが・・・爆 (; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

hanaさん、こんにちは~。
はい、なんだかんだで、理解して貰えています。
フォトコン入選賞金が大きい気がしますが・・・ (^_^メ)
うーん、もう暫くはフォトコンも頑張らないとイカンかもです、、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

冷却CCDは本体はスマートですが、フィルタホィール、オートガイダ等考えていくと結構煩雑になってしまいますね。
ICX694搭載機ですが、Atikの方が国内では実績が多いのかな?(8300系まで含めれば)、スターライトの方は、SXV-Guider(これは将来性は低いが、ワンコンポーネントでシステムを構築できて便利)、SXV-AO(長焦点化を検討するなら)などの拡張性がある点がメリットでしょうか?

No title

我が家ではいつのまにか(?)優先度が星<<<<<家庭となっております。やはり何事も最初が肝心(?)ではないかと思いますが・・・・(^^;; それにしてもオライオン鏡筒をつけるプレートは、かなり大きいんですね~。

No title

ひろしさん、こんにちは~
やっぱり、そうなっちゃうんでしょうねぇぇ・・(´゚д゚`)

オライオンのプレート自体は、20cm×30cm×1cmですが、教頭バンド(・・・^_^;)を取り付けるブロックが結構大きいのでこの写真だと、分厚そうに見えちゃいますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ