FC2ブログ

記事一覧

昨晩

帰宅時、透明度が悪いが晴れている。
昨日と同じところに雲が出ているのが気になる。
雲が湧く場所って変わらないのだろうか。
ちなみに北東の方角。
幸い、夜になっても晴れていた。
しかし、空はイマイチだなぁ~
 
イプシロン、光軸が大幅にずれていて超がっかり。
昨日取り直したんだけどなぁ~・・もっと調整スキルをあげなくては。

少し休んでから、レーザのみで光軸を調整。
まだずれているが、カサイ治具で見たよりは合っている。
う~む、、
まあなにはともあれ、テスト撮影はできるレベルだ。
撮影続行。

できれば、SE赤道儀に慣れる為、2式目も展開する予定だったが、空のヌケがイマイチ悪いことと疲れ果ててしまい、パス。
12時過ぎから1時過ぎまで仮眠。
1時半に、TWに変更して再導入。
ところがPyxisはあらぬ方向に。Pyxisの内部時計との誤差があるようで、子午線前後は暴走してしまう・・。

仕方ないのでテレトレ状態で導入。やはりチップが大きいと導入は楽。
Narrowでの感度の感触はフォーカスモードで見る限りあまり宜しくない。
また、けられと良像範囲が分かり難いのでなおさら難しい。
 
撮影中に、時間ができるので、室内で、500mmF8EDの望遠レンズで撮影した写真を処理。
DSSでコスメティックが効き過ぎたか?
星像に穴が空いてしまった。ソフトビニングしたこの写真からは分かりませんが・・。
色収差は割と大きいが、これはこれで良いと思う。

Kenko 500mmED F8DX EOS40D ISO800 1分×14
 
2時半。月も沈んだ。ただ、月は霞がかっていた様で薄雲があったみたいだ。
実際、星も1,2等星しか見えてない様な、ペガサスの四辺形も見えていたりで、ちょっと安定してない?
透明度の判断は苦しいところだが、3/10といったところ?
シーイングも見た目は割と瞬いていたけれど、実際撮るとFWHM=1.43以下に追い込めた。
RGBをそれぞれ必要枚数を得たところで、薄明も進んできたことだし、ということで室内に。
案の定、FilterErrorが起きていたが、まあ必要数は確保しただろう。
薄明光でフラットも撮像して、ミッションオーバー。

ガイド鏡はこんな感じで使ってます。
ユニバーサルバンドに前後はロスマンディの軽量リングで軽量ガイド鏡をがっちりと保持。
さすがに追尾精度は良さそうでした。
EM-200にイプシロン200を搭載。はい、ムリさせてます・・・。
 
ATLUX赤道儀は不調でK-Astecさんところにメンテ出す為、これから梱包してクロネコ持って行こうと思ってるところです。

ちなみに、ST8300MにTrueTechフィルタホィールを付けてΦ31.7mmフィルタを使った時のけられの様子

4スミは結構けられますが、どうせ現状では、フォーサーズフォーマットを支えるだけの性能が無いのですから、許容範囲。
イプシロン200の性能は、エリーさんだとAPSサイズで良像範囲を得ているし、H嘉さんも15mm角のCCDでほぼ良像を得ているのだから・・・光軸に調整かもしれない・・とは思いつつ、、、う~ん。
どこかで本格的に再調整した方がいいのかな~。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

500mmED F8DXの画像、確かに収差はありますが、結構いい感じですね。コンパクトだしガイド鏡にはすごくよさそうですね。写真を見るとDSIがついていますが、直接接続で合焦するのでしょうか?
だんだん欲しくなってきました。

No title

いやー 月夜も頑張りますね。
昨夜はHαフィルターで撮影に行こうと思いましたが、あまりにボケボケの空で諦めて機材整理をやってました。

今夜は、どうしようかなぁ

No title

Eagleさん、こんにちは。
500mmEDF8いいですよ。
撮影用としてはさすがにF8は暗いナァ・・と感じますが、色収差は散開星団の撮影用としてはアクセントになって割といい感じになります。
また、ガイド鏡としては最高の選択肢の一つになるんじゃないでしょうかねー。
DSIなら、ビクセンのM42→M36.4変換リングを介して31.7mmアダプタを使えばokです。
デジタル一眼用ですから、バックフォーカスの余裕が50mm程あると考えて良いです(実際、ミューさんの機材で∞マークより手前でピンが来てました)
つまり、フィルタホィールも入れてDSIも取り付けられると思いますよ。
あと、筒が細いので5cmファインダー脚にも収まりそうな気がします。試してませんが・・。
高性能?ファインダーにもなるかも・・。

No title

GENTAさん、こんにちは。
晴れてくれて、撮りたいものがあるときは頑張ります (^^;
光軸がチョット残念でしたが、もともと僕のイプ200は良像範囲が狭くて・・過去の作例を見てもたぶんどうにもならない(光軸は自分だけではなく焼津に持ち込んだこともありますから・・)と思って、とりあえず使えるところだけでも使ってみよう作戦でテストしていました。
けられるのも覚悟の上でΦ31.7mmフィルタホィールも使っています。

週間天気予報だと明日はダメそうでしたが、今見るといけそうですね。
今晩は、やるとしたら、MT160に換装して撮るかなぁ・・。
イプシロン200はミラー清掃しなくちゃ・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ