FC2ブログ

記事一覧

月面モザイク・・・失敗・・(。・ω・。)

先日、冷却CCDカメラで久しぶりに月面を撮影してみました。
月面モザイク オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694冷却CCDカメラ

撮影時は、CCDビデオカメラに切り替えて、30fpsで撮影してモザイク合成しようかとも思ったのですが、DMK21AF04 CCDビデオカメラは1/4インチのちいさなCCDですので、月面全体を撮るのはなかなか厳しいです・・・

そこで、デジタル一眼レフカメラ程ではないですが、1インチサイズとそこそこの大きさのチップサイズのSXVR-H694を使って撮影してみました。
さすがにモノクロの切れ味の良さですが、、、、モザイク合成、重なりきれてなかったとです・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

ま、シンチレーションも悪かったので、まあ、いっかー(; ̄ー ̄A アセアセ・
それにしても、光量たっぷりの月面はDeconvolutionを適用すると結構いい感じになります。

コンポジットはステライメージ7にて、自動で位置合わせ(これも優秀!)後、画像評価を使って32コマ中19コマを合成して処理してみました。
モザイク合成は、MaxImDLで行っています。こちらもそこそこ優秀です。
2009年のデジ天箱根で、かわうそさん(Hayabusa Back To The Earthのカントク)から教わったテクニックです。

んー・・ボクの場合、ほんと、いろいろな方からご指導頂いたおかげで、良い天体写真を得られています。
マキシのモザイク合成方法も、いずれ紹介したい気もしないではないですが・・・
やっぱり、人様から教わった処理方法を、とくとくと語るワケにもいかないですしね・・・(´・ω・`)
自分自信で開発・発見した方法なら、心置きなくご紹介できるのですが・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

あと2コマ撮っていれば見事につながったのに残念でしたね。
でも元画像は流石の解像度です。
私もほぼ同じようなことを15cmF4の小さな鏡筒にDFK21AU04ASを付けて撮影しましたが9枚でギリギリ何とかつながりました。
でも解像度は全然ダメでした。シーイング悪かったからなぁ~と思ってます。

No title

UTOさんおはようございます。冷却CCDでもきれいに撮影できるんですね。私も冷却デジカメで撮影してみようかななんて思っていますが、パソコンが低スペックなので、コンポジットやスタッキング、モザイクがイマイチ不安です。満月期前後に今度トライしてみます!

No title

私もよくやりましたので、お気持ちよくわかります。
FS2にモータードライブ変更して、MOON駆動があるので、月が動かなくなるのは確認しています。つぎはモザイクうまくいくかな?と思っています。

No title

これはこれはUTOさんとしたことが。撮影していくフレームの順番を決めて、そのルールどおり、ただひたすら、撮影していけば、ミスは防げます。C14で、DMK21で、60枚コースで、全景撮ったことがありますが、大変でした。
MaxImDLでのモザイク合成ですか、今度やってみようかな。では

No title

これは、もったいないですね。撮り増しによる補填もできないですしね、本当にもったいない。私も以前冷却 Atik314で月を撮影したことがあるのですが、思いのほかシャープでびっくり記憶があります。そういえば最近月を撮影していないなぁ。X狙いでチャレンジして全く写らずめげて以来ちょっとトラウマになってます。
MaxImDLでのモザイクはマニュアルにも載ってますし、メニューからコマンドも選べますよね、さらに何か工夫があるんでしょうね。

No title

欠けた部分は残念ですが、30㎝の口径と冷却CCDの威力はさすがですね。素晴らしい解像度です。
北側がブレているのはシンチレーションの影響でしょうか。

No title

シュミットさん、こんにちは~
いやー、たぶん、カメラの向きを変えずに斜め配置になっていたのが運の尽きでした(。・ω・。)
DMKカメラでの9コマモザイクですか!!でも、シンチレーションの悪さには勝てないですよねぇー・・苦労しただけにちょっと悔しい気分になっちゃいますよね。
でも、ちゃんと繋がった分、ボクのより断然良いですね!! (^^;

No title

けいけいさん、こんにちは~
冷却CCDで月面、結構いいでしょー?
本当はいくつか問題点もあるのですが(シャッターがないのでスミアが出てコントラストが不利とか)、それでも、やっぱりローパスレスのモノクロセンサですからね~
切れ味の点と面積の点で撮影はしやすいです。
ぜひ、チャレンジしてみてください!!

No title

NGCさん、こんにちは~
おお!MoonDriveですか~。そっか、月が移動していたのでズレてたのね、、って、言われるまで気がついてなかったし (; ̄ー ̄A アセアセ・
PyxisにはSunRateがあって、おかげで金環日食時は(比較的)安定した撮影ができたのですが、MonnRateはなかったかも・・

次回こそは・・!! (^^;

No title

OLG100さん、こんにちは~
いやー、大雑把なので、結構、こういうミス、多いんですよ・・(;´д`)トホホ…
60枚コースですか!!凄ッ!!!
でも、ボクもいつかチャレンジしてみたいなあ。

MaxImDLでのモザイク合成、Fitsの段階で合成できるのが魅力的です。
撮影条件が大きく変化していなければ、ほぼ一発で上手くいきますよ(星雲でも)
ただ、撮影条件、特にバックグラウンドの差があるとニガテの様です。

No title

いーぐるさん、こんにちは~
冷却CCDカメラの被写体として、月面は実は結構、好対象ですよね!
月面Xですか・・いつ見られるのかだけわかればボクも狙ってみようかな。

MaxImDLのモザイク合成、たぶん、マニュアル通りだと思います (^^;
あれ、ちょー便利ですよ。
ただ、クセも強いので、肝心なところで上手くいかないかもですね・・・

No title

ようかんさん、こんにちは~
鋭い!!
仰るとおり、シンチレーション、あるいは、ステライメージの画像位置合わせの精度、なども考えられるのですが、でも、多分、コレ、光軸調整不足のせいじゃないかなーと思ったりもしています。どうしても、重たいのもあって、光軸がとりきれないんです、おライオン・・・(´・ω・`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ