FC2ブログ

記事一覧

遠天例会

昨日は遠天の例会でした。

選挙に行ってから、と思っていたので、少し早めに家を出たのですが、選挙も思った以上に早く終わってしまって、13時50分には図書館についてしまいました。
まだ、誰もいません。ってか鍵もあいてないや・・ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
早く着きすぎたので、図書館で、星ナビでも読んでいるか・・と読んでいたら、タシロさんとI先生がちょうどやってきて声をかけてくれました。

例会には、自分、タシロさん、GENTAさん、I先生、Yamatomoさんの5人でした。
GENTAさんが持ってきた、CMOSビデオカメラ ASI120MMを拝見しているところです。

ASI120MM CMOSビデオカメラ  Canon PowerShot G9 デジタルカメラにて。

レンズやらアダプターやらが付属して、3.4諭吉ほどで入手したそうです。
カメラのCMOSセンサは、アプティナ製だったので、QEは高いのですが、、、5年ほど前に入手したPL130のセンサだと、低輝度部分はカットオフしてしまう仕様で、撮影用としては実用になりませんでした。
しかし、今回のこのセンサでの映像は滑らかですし、低輝度部も表現できているようで問題はなさそうです。


ASI120MM CMOSビデオカメラ   Canon PowerShot G9 コンパクトデジタルカメラにてぱちり。

心臓部は、1/3インチCMOSイメージセンサ。
MT9M034が採用されています。例によって例の如く、ググってみると・・

もともと、Aptina製CMOSセンサ(元Micronですかねー)は、QEが高かったのですが、MT9M034のQEは70%を超えており、非常に感度が高いことが判ります。
センサ性能はQEだけではありませんが・・、ReadNoiseや暗電流ノイズがどれくらいあるのか気になります。
もっとも、CMOSイメージセンサでは、オンチップでかなりの補正処理を行っていると思いますから、あとは実際に
撮影してみて、映像品位を確認する方が大事ですね。

なお、アプティナ製CMOSイメージセンサは、ニコンのデジタルカメラ(Nikon1)や、デジタル一眼レフカメラでも使われています。ニコンは、ルネサス、Sony、Aptina、自社設計のODM?ニコンセンサと、いろいろなメーカのセンサを採用しているのだとか。

話しを戻して・・・
I先生は、このカメラ、感度は高いの?お値段は!?とかなり興味深々。そうすると、DMKカメラよりもいいなぁ・・
買うときは、どうするの?とGENTAさんに聞いていました。
GENTAさん、星見屋さんで買うか、メーカサイトからフツーにネットショッピングで買える。2,3日で来たから、ほんと日本で買うのと変わらないよ、などなど話していました。

うーん、ボクもこのカメラで、星雲・星団を撮ってみたい!!
多分、結構いけると思うんですよね~。撮りたいなぁー・・と言ったら、GENTAさんがいいよ、貸すよ~と、貸してくださいました!ありがとうございます~ ヽ(*´∀`)ノ


GENTAさんのミニボーグ60ED 屈折望遠鏡と、Canon EOS60D デジタル一眼レフカメラ

GENTAさんは、例のタカハシのFS-60C用のレデューサと、miniBORGの組み合わせセットを持ってきていました。レデューサ部分でたわみが出るらしく、ここの補強について、yamatomoさんに相談していました。
K-Astecさんの鏡筒バンドとプレートの出来映えにはタシロさんがえらく感心していました。


yamatomoさんとI先生は、NJP赤道儀のモータについて、あれこれ話しをしていました。
DC電源だと上手く動いているので、AC電源ではダメ?パルスのタイミングで信号が入ったときに上手く動かない・・?などなど、いろいろとトラブル要因について話しあってたみたいです σ(^^;

あとは、PC画面、見ながら、タシロさんが写した写真、1枚だけに写っている星があって、ひょっとして、ガンマ線バースト!?
とか、ステライメージ7画像処理勉強会?カラーバランス周りで、オートストレッチと、マトリクス色彩強調について実際の画像を処理しながら見てみたり、I先生のPHDGuidingの結果(Logファイル)をExcelでグラフ化してみて、ガイドが上手くいかない要因は?と検討してみたり・・

あとは、連絡事項で、7/27の豊岡東公民館での、天体観測会について、それと毎年恒例(で、曇る)の竜頭山での観望会/撮影会の日時をどうするか?などなど決めて、
なんだかんだで、17時まで時間が経つのが早く感じました。

展示室では、ちょうど、熊野の長藤の写真展が行われていました。
なんとなく、見てみたくなって、行ってみると・・

なるほど~、こうやって、大きな枠に、写真を沢山並べるというのもいい方法ですね!
この方が迫力は出てきそうですし、作品点数も増やせそう。


ただ、1枚1枚じっくりと見られないんじゃない?とタシロさん。
確かにそうかも。
天体写真だと、説明文が無いと、やっぱりわかりにくいので、作品名と作者名だけで済ませるわけにもいきませんしねぇ・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ 
うーん、でも、ジャンルを揃えて1枚のパネルに収めてしまうのもありかなぁー・・・
説明文もパネルに入れてしまえば・・いいかも。
ちょっと個人的には検討してみたい気がします。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

テストお願いします。ここ1ヶ月ぐらい、検討しているんですよ。Nikon1にも使われているのなら、買っちゃおうかな。中華サイトで USD329ですね。(送料込み)

No title

買われたのは、モノクロですか?カラーにしようかと思っているのですが…。その辺のお考えは?

No title

ASI120MM、面白そうですね。
実撮影での画像が見たいです!

No title

オートガイドポートも付いているので興味があります。感度的には、どのクラスでしょうか?DSI-PRO、SSAGとかと比較って出来ますか?雰囲気でけっこうです。

No title

例会 お疲れさまでした。
タカさんが、来られなかったのが心配ですね。

カメラのテスト お願いします。
感度は私のテスト結果ではLodeStarには及ばずという感じでしたがCoStarよりは良いと思います。

私はフィルターも持っていなかったのでテスト出来ませんでしたが、惑星状星雲なども撮っていただけるとありがたいです。

No title

UTOさん、こんばんは
カッコ良いCCDですね。性能確認よろしくお願いします。
撮影したら是非公開してくださいね。

追伸:8月3日はオロクボに行くかもしれません。

No title

動画の形式は何に成るのだろう? 12bit RAWのLossless動画なら良いけどなぁ。
DMKとか従来のは8bitで切ってしまって低輝度部が映らない問題も有るけど、
動画DCT圧縮の為に高解像部分も切ってしまってるんですよね。それをRegistax
で捨てたものを推測して復元…って凄く無駄な努力だと思うので。

No title

階段男さん、こんにちは。
Aptinaセンサ、Micron時代からに比べるとずいぶん良くなってるみたいです。

ただ、センサは良くなったのですが・・・ASCOM使って、MaxIMDLで制御させても記録が8bitの様です???
ライブ画像をマキシのヒストグラムで見ると、257Countで飽和してるみたい (゚-゚;)ウーン
12bitはどこへ、、、orz

借りたのはもちろん?モノクロセンサですよー。

No title

階段男さん、続けてこんにちは。
カラーモデルもあるのですが、QEのグラフを見てないのでなんともいえませんが、やっぱり感度は落ちるでしょうから・・(゚-゚;)ウーン
カラーモデルでQEが60%程度あれば買いかも・・です。

No title

これはUTOさんのテストが今から楽しみですね~。
明日から戻り梅雨のようですが、何とかニワトリ出来るような晴れ間があると良いですね。

No title

adonoanさん、こんにちは~。
晴れ間でもあれば、、と思っていたのですが、なかなか晴れてくれないですね、、(´・ω・`)ショボーン
また晴れたらテスト(場合によってはマジ撮り入りますが)してみますので、お楽しみに!?

No title

nonkaさん、こんにちは。
感度はGENTAさんが書かれていますが、たぶん、ST402>Lodestar>DSIPro=ASI120MM>Coaster>=SSAG>>>NexGuide
って感じだと思います。
まだ実際に撮影はしてないのですが、室内写した感想ではかなり良いです。
キメの細かさを考えると、ガイドで使った場合、検出感度はともかく精度の面では、上になるかもしれないです。

No title

GENTAさん、こんにちは~
タカさんが来られなかったのはちょっと心配ですね、、、元気になってくれると良いのですが。
Costarよりも良いですか!
実際にいろいろと比較もしてみますね!

晴れたら早速撮影してみたいところですが、、、予報では金曜日晩は晴れてくれそうですので、そこに期待かなぁ・・

No title

タキさん、こんにちは~
言われてみれば、最近のトレンド、赤銀の筐体、小型軽量、高QEを抑えていて、カッコイイカメラになってますね!

おぉ、8/3はオロクボに来られますか!ひょっとしたら、顔出し(ついでに撮影)に行くかも・・?

No title

kobe1995さん、こんにちは。
動画形式は、残念ながら、Y800でDMKカメラと同じ、モノクロ非圧縮(?)コーデックですね。多分記録は8bit。
・・なのは、まぁ仕方ないとしても、MaxImDLで制御させて静止画で保存させても飽和レベルが257Countとヒストグラムが示していますので、8bitなんですよ、、、
えー・・12bitはどこへ、、入力12bit、出力8bitなのかなぁ・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ASCOM(Later)で、PHDGudingからは問題なく制御できそうですが、、、
WMDを選ぶと、短時間露光を加算平均して使うので得策ではないですね。

でも、ひさびさにあーでもない、こーでもないといぢれてちょっと楽しい♪
FireCapturerは動かせる様になったのですが、星雲狙いならMaxImDL制御の方が楽ちんかなー・・

No title

シュミットさん、こんにちは。
本当に、戻り梅雨で参っちゃいますね、、、
もっとも、東北の方々のことを考えると、晴れないくらいで文句言っていたらいけないのかもしれませんが・・・
でも、晴れて(人∀・)タノム

ちょっとテストするのが楽しみになってきました。
金曜日には晴れてくれそうな予報なので、いろいろとやってみようと思っています。

No title

DMKは持ってますが、こいつはDCT圧縮掛かってます。なので微細構造は空間フィルタで
Cutされています。8bit階調なのは残念至極。中のマイコンが8bitなんでしょうねぇ。
せっかく12bit AD変換しても、下位4bitは捨ててるんでしょうね。DMKの場合は
フレームレートを稼ぐ必要が有ったので仕方無かっただろうけど、天文用途の
カメラなんだからフレームレートより、非圧縮もしくは可逆圧縮と階調重視して欲しい。
…けど既存の半導体やcodecでそんなの無いから、1から作らなきゃいけなくて零細
ベンチャー企業には難しいのか。

No title

kobe1995さん、おはようございます。
DMKはDCT圧縮入ってますかー・・・
あれ?それにしては、ボクはいつも1500frameで撮影しているのですが、ファイル容量は450MBと常に同じ様な・・(・・?

DMKにしても、ASIのカメラにしても、出力8bitなのは本当に残念・・
Lumeriaでしたっけ?あれはハイビット動画記録できるみたいでしたが・・。
パテント抑えてるんでしょうね、きっと・・。

No title

>ファイル容量は450MBと常に同じ様な・・(・・?
はい。それが(FFTではなく)DCT圧縮が採用された理由です。限られた回線速度を通す為、
一定のbit rateで圧縮が掛かる(≒リアルタイム性を確保)のが取り柄です。
リアルタイム性を気にせず、コマ落ちを許すならもっと圧縮率の高いcodecは他に
いくらでも有りますが、DMKとかのIEEE1394カメラはリアルタイム性を重視してる
ものが多いと思います。

No title

Kobe1995さん、こんにちは。
DCT圧縮というとついJPEGをイメージしてしまって、サイズが変わるのかな?と思ったのですが、なるほど~
勉強になります○┓ペコリ

そうですね、コマ落ちは産業用にしても、研究用にしても、もっての他ですものね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ