FC2ブログ

記事一覧

2号さん

2号さんこと、NGC253です (^^ゞ

2号さん  オライオン30cmF4 反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 RGB=各5分×4コマ 天竜の森にて

NGC253は秋の星座、ちょうこくしつ座にある大きな小宇宙です。
双眼鏡でも、7×50程度であれば、小さなシミの様に確認できますが、フジノン15cm双眼鏡で眺めると、大きなぼんやりとした塊として見ることが出来ます。
遠天観望会の時は、この左下にある球状星団NGC288も見せていただきましたが、条件がやや悪かったので、ちょっと見難かったです。

我々の銀河系に比較的近いところにある為、渦巻構造が詳細に撮影できます。
近いといっても、1200万光年の彼方にあります。
光の速度で、1200万年かかって届く=1200万年前の姿を今、見ている!!ことになります。
眼視観望での楽しさはまさにその点で、1200万年前からの一瞬、一瞬の光を今、捉えている!宇宙の不思議さを感じるところにあると思います。

<<一般説明オワリ>>===================================================

8/10の遠天観望会で撮影してきた時のものです。
透明度はやや悪かったものの、さすがに標高1000mの暗いお山での写りは素晴らしいですね。
上にデータ書きました様に、これ、RGB各5分×4コマのみで仕上げています。
うーむ、自宅庭だと、SXVR-H694、できればST8XMEの感度が必須になりますが、この短時間露光でこれだけのS/Nが得られるなら、KAF8300系カメラでも、十分な撮影ができそう、、、
カメラ感度より、暗い空!ですね~。

まあ、そうはいっても、なかなかここまで出かけて撮影できる機会は少ない(おまけに天竜の森は曇り易い・・)ですし、平日の撮影となると、やっぱりこれまで通りニワトリで頑張ららねば・・です。

星像、風が吹いて、ちょっと残念になった面もありますが、カメラのスケアリングが狂っていそうです。
SXVRシリーズは調整板があるので、17日晩に、実際に撮影しながら調整しようとしていたのですが・・・
暑い中、汗をかきながら、やっていたら、いらいら。一度合ったと思ったのですが、固定ネジでロックしたら、また元の木阿弥に・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ちょっと腹が立ったので、結局、調整板の中に入っているゴムリングを外してガチガチ固定にしてしまいました。
結果は、これでもまずまず・・?
ま、、仕事が落ち着いて、涼しくなってきたら、再度調整にチャレンジしようと思います。

デジカメのM31も未だ処理してないや・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

これが僅か5分x4枚x3ですか!空が暗いのは何物にも変えがたいですね。そういえばもう撮影できる季節なのですね。今年こそ撮影したいです。
私もSXVR-H18のゴムリングは外しちゃってます。私は出来る限り光路超を短縮したいからなのですが。やはりゴムがあると調整は微妙になりそうですね。

No title

UTOさん、まだ2号さんを持つのは早すぎですよ~(^-^)/
でもこれだけの別嬪さんなら持ちたくなりますよね。
この日は空の状態も良かったのでしょうか?短時間とは思えない素晴らしい写りです。

No title

総露出時間60分ですよね。それでこんなに細部が明確なのは、楽しいですね。こんな2号さん、私もゲットしてみたいです。
天竜の森というのは、かなり条件が良さそうですね。
新東名のICからだと実際にどの位かかるところなんですか?
グーグルマップで見ると1時間くらいでいけそうな感じなんですけどね。

No title

あの透明度でこの写りですか ! !
当夜は下界から見て、星見に行くなんて有り得ないと思える透明度でしたが。。

夜で慣れてれば、新ICから1時間で行けるかな。
でも日中では厳しいかも。。
それと、スーパー林道を含むタイトなワインディング区間も長めなので、その辺が好みか苦手かもかなり影響すると思います。

No title

NGC253、、で2号さんか!
タイトル見て大胆なっ!て思っちゃいました(^_^;)
それにしても素晴らしいディティールの2号さんですね~

No title

RGBだけでこの写りですか!Lを撮ったらどうなることやら…
私ならニワトリなんかやめていくら曇っても無理やり遠征しちゃいますが、そうも言っていられませんよねぇ。

No title

UTOさん

2号さん、すっかり慣れちゃいました

それにしても・・
双眼鏡で見てもこれがそうなの?どうなの?
っていうくらい小さい天体をこれだけの画像に
するとこに、今更ながら驚きと感心と
やっぱり、凄いなぁ~って思いました

ふんわりな中にもシャープな写り具合?な感じがして
とっても綺麗

nice。゚+.ヽ(●´▽`●)ノ゚+.゚

No title

タイトルで完全に釣られました(笑)

でも、NGCニィゴォサンに更にやられました!
久々に衝撃が走る写真を見せていただきありがとうございます。
蛇足ですが、うちではこの時期はナニクサが人気です?!

No title

T-Fixさん、こんにちは~。
やはり空の暗さが一番ですね!
自分でもびっくりしました。ニワトリと差がありすぎて、、、(@_@;)

今月~来月くらいがちょうど狙い目ですよね。ボクも少し趣向を変えて撮影し直したいと思っているのですが・・・仕事が立て込む時期だから、無理かなぁ・・

ゴムリング、やっぱり外してしまうんですね!ゴムリングがなくても押しネジで調整できそうですよね?今度、取り組んでみようと思います。

No title

シュミットさん、こんにちは~。
いや、それがですね、下にme_*0*55さんも書かれていますが、下界は霞空で、天竜の森も、GENTAさん達によると空の状態は良かったとは言えないみたいです。
そうはいっても、そこは標高1000mの暗いお山。さらにSXVR-H694の高感度のおかげもあるのでしょうね。くっきりと写ってくれました。
ただ、L画像を加えても画質が伸びない・・orz
ってか一部劣化してる様な・・(+o+)

No title

いーぐるさん、こんにちは~
そうなんですよ、まさかRGB画像だけでここまで別嬪さんになるとは、驚きでした。
2号さん、来月が狙い時だと思いますので、ぜひ狙ってゲットしてください~(^^ゞ

新東名からは、1時間半かなぁ・・me_*0*55さんもおっしゃっていますが、山道が長いので、結構大変なんですよ。ひょっとしたら、秋葉神社からではなく、R152から途中で入ってくるルートもあると思うのでそちらの方が楽なのかも・・?

天竜の森よりさらに北になりますが、R152を北上していく分、行きやすさだけなら、家老平の方が良いかもしれません。

No title

me_*0*55さん、こんにちは。
この夏は下界はほんとひどい霞空で参りますね。
あの日は、下界は霞んでいましたが、完全にではなかった様ですがやはり標高を稼いだおかげでかなり軽減されたと思います。
天の川も綺麗に見えましたヨ。輝く程ではないので、GENTAさん達にとってはまだまだ不満だったようです。

またぜひ、機会があれば行きましょ~!!
そういえば、最近はお会いできてないですねぇ・・

No title

あの晩は極大2日前で、体調も今一だったのでパスしちゃいました。
翌晩は竜頭へベルセ観に1時間だけ出撃したのですが、北Pは他に車ゼロ。。
下界は今二でも流石に1000m以上あると流観には十二分な空で、それも独り占めでした~。

またどこかでお会いしておかないといけないですね。アセアセ

No title

かいなおさん、こんにちは~
2号さん、いい愛称でしょー? (^^ゞ

ボクも、RGB画像だけでディテールがここまで出てびっくりしました。

No title

hanaさん、こんにちは~。
ボクも、L画像はさぞや・・?と思われるかもしれませんが、これがまた結果が変わらないんですよね、、
デジタル画像ってある程度のスレッショルドレベルを超えると画質は向上し難くなるので、ある程度納得はいく面もあるのですが・・・
運用を考え直さないといけない(と、いうかソン)かなー・・

やはり暗い空は魅力的ですよね~。
でも、平日はなかなか遠征に出かけるパワーも無くなってきてますから (^^ゞ
ニワトリで出来る範囲内で頑張るつもりです。

若いhanaさんはぜひガンガン行って欲しいです!!

No title

ろざりおさん、こんにちは。
ろざりおさんも双眼鏡で見たのかな???
2号さん、ぜひ、天文台で見せて貰ってくださいね!
ふんわり、シャープ、いいですね~そういう写真を目指したいなーと思っています。

No title

adonoanさん、こんにちは~
2号さん、なかなかいいでしょ~?

7293ですか~
こいつはなかなか綺麗に撮らせて貰えないので、こちらでは、ナニクソ!!と呼んでます(爆!)
この時期、低空まで綺麗に晴れないんですよね~

No title

me_*0*55さん、こんにちは~
体調が悪い時は、避けた方がいいですね。
でも、あの晩、永続痕が残る火球も出ましたよ~
カメラ、カメラ~と探しているうちに消えてしまいましたが・・30,40秒は眼視でもモヤモヤしてました。

下界はカスんでいても、標高稼ぐと意外と良く見えますよね~

No title

あの晩、永続痕が残る火球が出ましたか。残念。。

できたら痕の撮影用に、1台フリーにして常にスタンバイしておくのが良策なのですけどね。
それ専門に狙っているチームだと、サンニッパとかニーイッパとかも使うそうです。
尤もそれを即座に見えるか見えない程度の淡い痕へ向けるのは、至難の業なのですが。。

常人レベルだと、標準から中望遠くらいにしておいた方が無難みたいです。
高感度特性が今時はフィルム時代からしたら飛躍的に向上してる分よく写るようですから、一度お試しあれ ! !

空間分解能の追求からすると、感度は極力上げ、露出も出来るだけ切り詰めた方がいいとか。
上手く撮影できると、貴重な観測になります ! !

No title

素晴らしい二号さんですね!
僕も今年は撮ってみます!
でも、処理に自信がありませんが、頑張ってみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ