FC2ブログ

記事一覧

アイソン、崩壊か・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

うーん、メーテルさんから頂いた情報ですが、
アイソン彗星、崩壊の可能性が・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


えー・・一応、本業も忙しいのですが、29日は午前休みをとって、ぼうらやさんで撮影してみようと思っていたのですが・・・
自宅庭からだと、太陽が隣家の向こうで顔を出さないことが判ったので、ぼうらやさんに前夜からでかけて、撮影させつつ、目覚まし時計と電気毛布で車内で仮眠をとりつつ、夜明け後にアイソン彗星を狙ってみる、と目論んでいたのです。

一応、機材は、いろいろと持って行こうと思ってたのですが、問題は、望遠鏡を何にするか、ですね。
カメラの方は割りと悩みは少なく、
カメラは、オリンパスのE-620デジタル一眼レフカメラ。
多分、レフ機でないと視野に入っているかどうか、判断がつかないかと・・ペンタミラー機よりは、EOS40Dの方がまだいいかなぁ・・・
その昔、白昼に見えたマックノート彗星の時は、EOS Kissデジタルだと、全く見えないのに、フジのデジタル一眼レフカメラ、FinePixS2Proを使ったら、ファインダーであっさり白昼に見えたのを思い出します。
光学ファインダーの方が、液晶ビューファインダーよりも、まだまだ優れていると思っています。
ま、、EVFにはEVFで良いところも多々ありますケド・・
極限のところで使う場合には、やっぱりOVFが勝りますね。今のところ。

フジのX-E1は、撮影に使うつもりですが、EVFだと太陽近傍の明るさで彗星は全く見えない気がするんですよ。
そこで、マウントアダプタを介して、NikonFマウント経由で、EOS40Dなり、フォーサーズのE-620なり、X-E1なりを使いわけようという魂胆です。
一応、CMOSビデオカメラのASI120MMも持って行ってみる予定です。
パソコンは安定のFMVの他に、HPのノートも持っていかねば・・(ASI120MMのドライバはFMVにも入れたハズだけど・・)

望遠鏡、これが悩みます。
誠文堂新光社のアイソン彗星の本には、なるべく大口径長焦点で撮影した方が良いようなことが書かれていた気がするんです。
一応、それで、じゃあ、MT160反射望遠鏡を出すか・・?!レンズ系はゴーストが出て敗因になりそうなので、直焦点で撮影・・・とも思ったのですが、太陽の熱で筒内気流がハンパなさそうだし・・
うーん、屈折系なら、GENESIS SDFを出した方が、コントラストが良いし、正解か・・?
4枚玉鏡筒なので、ゴーストが出ないかどうかが気になりますが・・・うーん、やっぱりGENESISが正解ですかねー・・・?

など、とプランを考えていたのですが、ま、まさか、その前にアイソン彗星が消滅・・!?
せ、せめて、2011年のラブジョイ大彗星のように、太陽を回ってくるまで保って、夜明け前の空に見事な姿を披露しつつ崩壊していってくれたらよかったのですが・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

実際のところ、どうなんだろう・・
なにはともあれ、29日の朝、迎え撃つつもりではいますが・・・・
状況によっては、ベンディングですかねー・・SOHOではいつ頃見られるんだろう・・( ̄ヘ ̄;)ウーン

いずれにしても、なんとも、悩ましい、人騒がせな彗星ですね・・
なかなか成長しなかったと思ったら、急にバーストして明るくなったり、明るくなったと思ったら、低空で見えなかったり・・・ヤレヤレヽ(~~~ )ノ

LASCO C3の視野に入ってきたという情報がありましたので、見てみました。

アイソン彗星は生きてはいるようですが・・・・
この段階でブルーミングが起こってない時点で、暗めなんじゃ・・?

マックノート彗星は、ブルーミング出まくりでしたよ・・・

ま、まあ、Lovejoy彗星も、暫くしてからブルーミングしているので、やはり様子見でしょうか?




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

なんとー!崩壊の可能性ですか。
12月に期待してまだ一つも撮影していないのに・・・それは困りました。
でもまだ確定では無いようなので朗報が出るのを待つしかないですね。

No title

崩壊してないことを刹那的祈ります。
今週~来週にかけて楽しみにしていたのにそれはないでしょう(*_*)

No title

SOHOではもう見えていますよ、まだ大丈夫そうに見えますが。
リンク先のコメント欄が全て物語っていますね、ちと騒ぎ過ぎたのかもしれません。
昼間で反射は嫌ですね、そもそも気流が良くなるとは思えないので屈折安定でしょう。太陽にはくれぐれも気を付けてくださいね。

No title

たぶん大丈夫じゃないかなあ…。根拠はありませんが、けっこう自分の直感は当たるんで^_^

少なくとも同じ画像にあるアンタレスよりは明るいし、星ナビのSOHO事前予想図と比べてもずっとハッキリしたイメージです。たしかに昨日あたりのSTEREO画像を見る限りは自分も崩壊…が頭をよぎりましたが、今朝はまたダストテイルをなびかせてますよ。

彗星は本当に一筋縄にはいきませんね。

No title

SOHOに姿を現しましたね。まだしっかり彗星の形を維持しています。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c3/512/
たぶん大丈夫ではないでしょうか?
29日に狙える人は少ないでしょうから、是非狙ってください。

No title

今朝の画像からブルーミングが始まりましたよ!
あとは太陽接近を無事終えて、勇姿を見せてくれるかです。

No title

RUKUさん、こんにちは~
すっかりと、コメントが遅くなってしまいました m(_ _)m

やっぱり崩壊してしまいましたね・・・(´・ω・`)ショボーン

No title

yamatomoさん、こんにちは~

ほんとに、今週、楽しみだったのに・・・
でも、一応、今週末に、何か写らないか試してみたいとは思っています。
無駄かもしれませんが・・・

No title

hanaさん、こんにちは。
仰る通り、発見時に騒ぎすぎたのでしょうね。
約束された大彗星などと呼ばれた分、落差がね・・・

昼間の反射はやっぱり×かなぁ・・考えてみたら、試したことないんですが、でも、普通に想像するとやっぱり×ですね。

No title

こもロハスさん、こんにちは~
今となっては最後の勇姿だったんですね、SOHO画像・・
出撃前に見た画像だとブルーミングが短くなっていたので、案外早いところから崩壊が始まっていたのでしょうね・・・( ´Д`)=3

No title

シュミットさん、こんにちは。
アイソン彗星、期待ほど明るくはならなくても、生き延びてくれるとばかり思ってたのですが・・・あーあ。

No title

NGCさん、こんにちは。
ブルーミングも最後の輝きだったんですねぇ・・・
途中から、消えていったので、嫌な予感はしたのですが・・・(;´д`)トホホ…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ