FC2ブログ

記事一覧

第二次統合整備計画

昨日は、いとこのちーちゃんが結婚式に呼んでくれましたので、横浜まで行ってきました。

フジ X-E1 デジタルカメラ XF18-55mmF2.8にてパチリ

このカメラ、やっぱりいーですわ。撮って出しJPEGでも、十分クオリティ高い写真が出来てしまうし、小型・軽量なだし、超高感度性能も申し分ないので、とても満足♪
式場のカメラマンさんは、Nikonのフラグシップ デジタル一眼レフカメラ D4をお使いでした。
むむ、流石ですよね。式場は暗いし、窓からの明かりなどで、明暗差も激しくなるから、Dレンジが広いカメラを使うのは当たり前ですね。
レンズは大口径標準っぽいのと180mmF2.8っぽいのを使っていた気がします。
集合写真は、Canon機で間違いないと思うのですが、機種名は見られず・・・orz
ま、D4の立派な写真があるので、自分の写真はなにかの機会にお渡しすることにしましょ。
まあ、参加者の立場から撮れる写真もあると思いますしね~
いずれにしても、末永くお幸せに! (^O^)

さてさて。
本日、神奈川から戻ってきたのですが、笠井トレーディングに発注していた薄型Tリングと、IRフィルタが届いていました。
IRフィルタの方はちょっと悩んだのですが(フジ トリアセテートなら、お値段は1200円程度だったかと。。今でも入手できるかは?ですが・・)、笠井トレーディングさんの方では代引き発送は1万円以上となっていました。
あー・・・それで、以前、金環日食の時に、デジカメ用アイピース注文メール入れたのですが、見事に無視された訳ですかね。あ、そーですか(笑)
せめてメール返信してくれれば別途対応考えたのに。
まあ、結果的に手持ちのケーニヒ使ったし、どーしても欲しかったわけじゃないので、むしろ逆に良かったんですけどね (;゚Д゚)
で、まあ、今回は、IRフィルターを入れて1万円以上にしましたので、即座にメールが来ました。

前にも書いたかもしれませんが・・・
統合整備計画を発動して、2010年頃に、基本的に手持ちのカメラは、NikonFマウントを基点として、マウントアダプタの類も使うことで、手持ちのほぼ全てのカメラが接続できるようにしてあります。
ST10XMEはマンデルアダプタ+CFW-8 or 光映舎スライド式アダプタ経由での接続が可能ですし、フジのお気に入りのX-E1デジタルカメラは、当然、NikonF-XF変換アダプタ経由でニコンのMFレンズを使える様にしてあります。
Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラも、マウントアダプタで、ニコンレンズが使える様にしてありますし、同じく、オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラもそうです。
また、冷却CCDカメラ ST8300Mも光映舎のスライドフィルタを介して撮影するようにしてありますので、こちらもニコンFマウント(or ペンタックス Kマウント)での接続対応できる形としており、ニコンFマウントで統一できます。
主力カメラの中では唯一、SXVR-H694が今のところ対応していませんが(そういえば、エムティさんはどう接続されているんだろう・・?)、まあ、このカメラはこのカメラで、OAG9を介しての専用接続体勢としてありますからね(正直、これは崩したくない)

さて、第二次統合整備計画として、TOAG 薄型オフアキシスと薄型Tリングでの構成で接続環境を構築できれば、さらに便利に機材運用ができることになります。
TOAGは厚みが10.5mmありますので、バックフォーカス的には若干伸びてしまいますが・・
ST8300Mのニコンマウント側では、焼津の御大、ロンキーさんに切削して2mm程薄くして頂いていますので、ST8300Mでは問題なし、パラコア2側では、そこまでシビアーなバックフォーカスの問題は無いと思えることから、さほど問題にならず吸収できそう。
同様にGENESIS SDF屈折望遠鏡と、NPR-1073レデューサでも、こちらのレデューサもフトコロが若干広そうなので、なんとかなるかなーっと (^^ゞ
いずれにしても、オフアキシス装置採用によりガイド鏡が不要になることは、準備・撤収の簡略化(平日遠征では非常に大事)、および、ガイド安定性の向上などなど、薄型のオフアキシス装置がもたらすメリットは測り知れず、さらに統合整備計画で、ニコンFマウント固定としてあることは、あらゆるカメラが(ほぼ)同焦点となっているわけですから、使い勝手の面でも大幅に向上するという・・!
夢の計画です!!


TOAGに接続したST8300M  オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D25mmF2.8にてパチリ

一応、接続してみました。
あ、、やっぱり、ツメが薄くてガタガタでしたッ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
シュミットさんのアドバイスどおりだったヨ・・(´・ω・`)ショボーン
一応、ST8300MはPENTAX-Kマウントでも接続できるので、PENTAX-Kマウント用とNikonFマウント用(シュミットさんは恐らくEOSマウント用ですので)を発注したんですけど・・・まあ、付け替えるまでもなく、やっぱりどちらもツメが薄くてダメですな、、、
まあ、気が弱いので、返品するつもりはありませんが・・・
今回、情報を頂いた上で、覚悟の上で、買いましたしねぇ・・・
やっぱり楽観論はダメね。

なお、EOS接続は、シュミットさんから、スタークラウドさんの以下の製品を使うといいですよ、とのことであります(`・ω・´)ゞ

でも、今回は、できれば、ST8300M用にニコンFマウント接続としたかったナ・・・
もちろん!?
X-E1用に、こちらのリングも発注済みであります (`・ω・´)ゞ

こうして、第二次統合整備計画は潰えたのでした。

まぁ・・もともとZi○nの統合整備計画も上手くいっていた訳じゃないですしね~(ってか0080以降の後付設定ですし、、、でも、ポケ戦、好きですよ。個人的には)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさんこんにちは 横浜の結婚式っていとこの方だったんですね。
ところで私はオークションでよくここの部品を買います。中華製ですがたまに良い物があります。ご参考まで
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f135006031

No title

静かだなぁ と思ったら結婚式だったのですね。
統合整備計画で使い勝手が向上して作品が増えそうですね。
nonkaさん紹介のをメールしまたが、紹介したのはEOS用でした。違っている事に、今、気がつきました(笑)
スタークラウドさんのは私が紹介したTeleskop社の物ですね。
私が使っているのは少しガタがあります。

No title

やっぱりそうでしたか。笠井さんは冷淡な割には返品には応じてくれますから、HPの返品用紙を添えて返品されたら如何でしょうか?ヤフオクの品物と基本的に同一品だと思います。スタクラさんのは時期によりメーカーが変わるみたいですが、私のものはKIPONでした。

No title

nonkaさん、こんにちは~
せっかく、こちらの方まで来られていたのに、今回はお会いできず、残念です。

ヤフオクの紹介、ありがとうございます。
でも、このパッケージ・・・どうも、カサイ取扱のものと同じ様です。

No title

GENTAさん、こんにちは~
そうなんです、ふたご座流星群の夜でしたが、今年は見送りでした。
みなさん、熱心に撮影・観測されていて頭がさがります m(__)m

スタークラウドさんのは、Teleskop社のものと同じと思いますが、こちらの方がツメも普通で、トラブルはなさそうに思います(でも、まだ来ない・・)

No title

シュミットさん、こんにちは~。
笠井さんも、マニア向け用品ということなんでしょうね。
んー・・一応、対彗星などにはそのまま使うかもしれないので、ちょっと返品するかどうかは考えてからにしようかな・・

今回、シュミットさんから情報を頂いた上で、覚悟の上で買ってますしね~(なので、EOS用は買いませんでした)

No title

前回の忘年会の時におみせしたように、T2ネジのみのリングでギャップなくフィルターホイルと接続して、なおかつ18mmの薄型フィルターホイルを使用しています。そしてFマウントはバネの後ろにステンレス薄板を挿入してガタを無くしています。ガタの無いFマウントは市販品ではなさそうですね。NIKON純正のBR-3アダプターリングを加工すれば良いのができそうですが、加工技術があればなーと思いました。

No title

エムティさん、こんにちは~
忘年会・・(^^ゞ
いやー・・あの忘年会は記憶がなぜかなくなる会だからか、見た覚えはなんとなくあるものの、、、、(; ̄ー ̄川 アセアセ

加工技術があれば、ほんといろいろとできそうで面白いですよね。
ミラーレスなら、マウントアダプタのところにプリズム入れてオフアキ加工とか・・
ほんと、技術があればなぁー・・

No title

TOAGいい情報もらいました。ありがとうございます(^^)
米オライオンが薄型オフアキ出してたんですね。
ボクもそろそろと考えていたところなので、さっそく発注かけました。
メーカ取り寄せでしたが、入荷したといっていたので、年明けに届きそうです。

No title

YanKanaiさん、こんにちは~
TORG.いいですよー
知人も、先に注文していたみたいですが、こちらのが先に着きました。
モノは確かなので、僕も使うのが、楽しみです。
調整が気力がないと、なかなか,...(^-^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ